スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

こちらもJOYEUX NOEL!

動画は下げました。

観て下さった皆様
おつきあいありがとうございました。
スポンサーサイト
00:29 | 未分類 | comments (16) | trackbacks (0) | edit | page top↑

山内容堂と後藤象二郎


『龍馬伝』11/14放送

もちろん、このドラマ。
福山龍馬が主役ではありますが、
岩崎弥太郎を筆頭に脇が最高にかっこ良くて面白いです。
この回は
近藤正臣演じる山内容堂と
青木崇高演じる後藤象二郎に泣かせて頂きました。

以前、武市さん絡みの時から、容堂はかなり気になるキャラではあったのですが、今更ながら面白い役だなぁーと改めて惚れ込んでいます。
目線、声の艶、表情…。
まさに、怪物。
このドラマ特有の画質と相まってなんて素敵なんでしょう。
縁側で象二郎と酒を酌み交わすシーンなんて唸るしかない。
あっぱれ斜め後ろ45度っ!


そして、後藤象二郎。
青木崇高君はちりとてちんの頃からいずれ来るだろうとは思っていましたが、いよいよ来たなって感じです。(笑)
特に最近のもみあげもしゃもしゃで太った彼はいいですねー。
おでこに光る汗も飛び散る唾も生身の人間っぽくて凄くいいです。
この回のハイライト
容堂公に龍馬と面会することを懇願するシーン。
龍馬への嫉妬心を大殿様にあからさまに晒してまでも変革を目指そうとする彼なりの志が見える、とてもいいシーンでした。
彼の熱い想いがビンビン伝わってきます。
そしてシェイクハンド。(泣)

いやぁー面白かった。
来週は勝先生が泣かせてくれそうな予感。
実に楽しみです。
あ、弥太郎父by蟹江敬三も良かったー。(泣)
あんな信念があの人にあったなんて。


ドラマを観つつ。
私ってわかりやすくて臭いのが好きなんだなぁーと自分の単純さに気づく今日この頃です。(^_^;)

22:17 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

小休止

観たい映画、読みたい本あります。
書きたいこともあります。
書き留めておかないと忘れちゃう・・・とも思いますが
最近すべてに疲れてしまって。
ちょっとUPは小休止。

いつか書きためたものをトピとして整理出来たらいいかなぁ~
ぐらいの感じで人知れず書き残すことにしました。

いつかまたおつきあい頂けると嬉しいです。
14:05 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Cheak it out!

20日の夜、東大門メガマックスでティーチイン上映会だったらしい。

そんなのに参加するなんて夢のまた夢のそのまた夢の夢…くらいでしょうか。(^_^;)

仕方ないから今を愉しむことにいたします。


これ、今いちばん楽しみにしてる番組。

BShi 妖しき文豪怪談

やっぱ夏は怖くないと。(笑)
ちょっと涼しくなりそう?




21:25 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

曖昧さ加減がいい。『文・堺雅人 』



俳優の堺雅人さんが私の第二の男?いや、第三…いや、第四?
一体何人御贔屓がっ。(笑)
とにかく、かなり気に行っているということは常日頃公言しております。

神経質そうな華奢男の草食男子。
もともとは私、そういう好みですので、ま、当然の感じです。

さて、そんな彼のエッセー。
読んでみました。
やっと図書館から呼ばれた。(笑)

実に面白い。
どこか冷めていて
どこか傍観者の割には
その状況や
その体験をしっかり楽しんでいて。

人生楽しいー最高!!

って感じじゃないけど

淡々と結構楽しかったりする。

みたいな。

温さというか、温度が心地良い。
とても自然体で飾り立てない様子が
実に好み。

そのくせ
文章を読んでいるとどこかに一本何か得体の知れないものがすーっと通っ
ていて、それは棒とか柱とか信念とかそういう堅いものではなく。
光ファイバーとか海月の足とか…例えるとしたらそんなもの?(どんな。
笑)
透明で自在に曲がるそんなものが通っていて、吸収してどんな形にも変化
するようなしなやかな、でも何故かタフな印象。

出来ることならこれくらいの感じで生きていけたらいいかななんて思う。
曖昧で基本「ま、いっか」なんだけど、どこか譲らない。

以前は別な人になりたくて仕方なかったのに。(苦笑)

年のせいか、身の程を知ったか。
別に堺雅人になりたいとは思わないけど。(笑)

物の捉え方、発想、共感出来たり感心したり、とても楽しかったです。

「かもしれない」とか「みたいだ」
とか。
そういう曖昧さは不確かではあるがどこか未知数であり、無限を感じる。

それが楽しいなぁー。

出来ることならそういう感覚をいつまでも持ち続けたいと思いました。















23:13 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。