スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

化ける男 『ノーカントリー』を観る

nc



家に観たいDVDが山のようにあるのに、

昨日は近所のレンタル店全品半額デー。

仕方なく旦那さんの付き合いで出かけました。

彼が選んだのは『ノーカントリー』

はい、詳細はコチラノーカントリー goo映画


まあ、話題作だし。

アカデミー賞の授賞式の時、

あの主役のおかっぱ頭の気持ち悪い男が

颯爽とイカしたイタリア男で現れた時にはぶっ飛んだ経緯があり。

まあ観てもいいかなぁ…ぐらいの情熱。

そして感想です。

昔からアカデミー賞受賞作で「これ凄い好き」
なんて映画にはお目にかかったことがなくて。(笑)

ほとんど興味がないのですが。

だいたいいつも
これがハリウッドで支持される映画の最高峰なんだ・・・って淡々と思うぐらい。

コーエン兄弟の作品私は見たことなく。

カリスマ的な人気がある監督のようですね。

脚本はとても練ってある気がしました。

特にトミー・リー・ジョーンズと周りとの絡みとか計算してあるなぁ~と。

だからと言って面白いってわけじゃないんですけれど。

犯人に追われる緊迫感は凄く伝わってきました。

子供のころ、東京12チャンネルでスピルバーグの「激突!」のカットバリバリなのを

観た時のような・・妙に怖くてドキドキする感じです。

こっちは犯人見えているんですけど、得体が知れない感じがそう思わせるのかなぁ~。

エンディングも

「うそ。これで終わり?」って感じで。

救いがないっていうか・・・変ってるっていうか・・。

・・・じゃあ、なんで感想を書く気になったか・・なんですが。

やっぱりね。

非情な殺し屋アントン・シガー・・・恐ろしくキモい。

そしてアカデミー賞授賞式の時の彼ハビエル・バルデムがかっこよかったんですよね。

いかにもイタリア人っぽい色気があって・・

そのギャップが凄かった。

彼の化け方が素晴らしかったので。

キモいアントン・シガーを見ていて思う。

やっぱり俳優は化けて欲しいなと。

想像もできない姿を見せてほしいなぁ~と。

ある意味チャンイはそれに近いかも。

もっと壊れて・・・でも、アントン・シガーは怖すぎか。(笑)

とにかく。

いろんな顔を見せてほしい。

千と言わずいくつでも。

楽しみにしていていいよね。ビョンホンssi。

で、コテコテのヨーロッパ男のハビエル・バルデムを見ながら・・

ビョンホンssiって・・・やっぱりヨーロッパ男っぽい色気があるような。

でも、それだけじゃないからきっと彼が大好きなんだろうなぁ~~

そんなことを思うのでした。

結局・・映画の話じゃなくてスイマセン。

こっち綺麗な彼・・・決して好みではない。(笑)


HB

スポンサーサイト
22:55 | 映画 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。