スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

掘ってます。ムショ繋がり(笑)2本





連休は
青龍の興奮覚めやらぬ中(笑)
1日は仕事、1日は大掃除と大夫婦喧嘩(笑)、
1日はDVD鑑賞であっと言う間に終わってしまいました。(〒_〒)
皆さんは楽しくお過ごしでしたか?

では早速映画の感想を。
今回の2本。
よく遊びに行くお宅のブロガーさんお勧め。
何も知らずに見てみたら両方とも刑務所で掘るお話だったので、
こんな題名でくくってみました。(*^_^*)

一本は
「ショーシャンクの空に」
詳細はこちら「ショーシャンクの空に」心に残る映画

スティーブン・キングの小説…読んだことない。
映画も・・観たことない。(^_^;)
面白いらしい…というのは風の噂でよく聞きます。

評判上々。
さて…いかが。

正直この主役?
アンディーがどうも好きになれない。
たぶん・・・賢過ぎるのかな。
希望を失わず、前向きに生きる・・その姿がたぶん・・器用すぎるんだと。
出来すぎくんやキム○ク氏に全く魅力を感じない私・・。

そんな感覚に似ているかな。
いつも冷静で自分を失わない。
きっちり計算して・・きっちり帳尻を合わせて計画通りに事を進める無駄のない彼に
心が躍らなかったんですよね。
どんな人なのか・・わかる前に刑務所に入ってしまったし。
主役に関しては消化不良かも。

私・・不器用な人が好きなんですよね。
他人からは「バカじゃない?」と思える選択でも
いざというとき損得勘定抜きで流されちゃうような・・愛すべきキャラに惹かれちゃう。


なので、むしろ、人生を半ば諦めながら傍観者として彼を見つめる
モーガン・フリーマンの方が魅力的だったかなぁ~。
こっちが主役でもいいんじゃないかな。
仮出所する際の彼の言葉は重みがありました。
他にも印象的なセリフがいっぱいです。


ちょっと辛めですが、あくまで私の好みの問題でとっても評判のいい映画ですから一度是非。


そしてもう一本は韓国映画。
先日「息子」で私の心を鷲掴みにしたチャン・ジン監督の作品。

「偉大なる系譜」
詳細はこちら「偉大なる系譜」輝国山人の韓国映画

こちら・・日本DVD未発売(笑)
お友達のツテで拝見です。
無防備に見たら・・・これが泣くは笑うはの大騒ぎで。(爆)

チャン・ジンをなめてました。
完全に脱帽です。
今まで見たチョン・ジェヨンの中で一番好きかもしれません。

とにかく不器用で一本義でバカ正直。
男気があって単純で貧乏くじばっかり引いていそうなヤクザです。
絶対こんなヤクザいるよね・・っていうヤクザ。
いやぁ~本当に巧いの一言です。

チャン・ジン監督独特の笑っちゃうシチュエーションとセリフが冒頭からバンバン。
笑わせるだけじゃなくて・・・ホロッとさせる部分を巧みに仕込んであります。

囚人たち一人一人もいい仕事してます。
しっかりそれぞれにきちんとお仕事が割り振られていて
きちんと演じてくれる安心感があります。
掛け合いとか目くばせとか・・演技のリズムがとてもよくて微妙な感じが実に面白い。

チョン・ジュノ・・実は今まで苦手だったのですが良かったです~。
後半、組織と友情に挟まれて悩み苦しみながら、
自分の入れない友情の輪を羨ましそうに見つめることしかできない・・。
そんな地味なキャラの悲しさが(笑)ヒシヒシ。

友情と男気とユーモアがいっぱい。
派手さはないけれどとても面白かったです。
くだらなさがブラボー(笑)
これ観るとわかりますから。
チョン・ジェヨンssiの回し蹴り・・・高さが足りない(爆)
でも、回数回ってました~。カッコ良かったです。(*^_^*)
音楽もいい感じ

ジェヨンssiにちょっと惚れ、チャン・ジン監督にまた惚れました。
来月聖地シネマートにて「正しく生きよう」鑑賞予定です。
こちらも期待できそう。









スポンサーサイト
22:31 | 映画 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。