スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

鳥肌もの。『ブラックスワン』を観る。

nc


アカデミー賞 最優秀主演女優賞
ナタリーポートマンを観に行ってまいりました。

『ブラックスワン』詳細はこちら。

ブラックスワン goo映画



いやぁ面白かったー。
とにかくナタリーポートマン演じるニナが巧いの一言。
バレエシーン。
特に後半の黒鳥の踊りは秀逸です。

バレエのことはよくわかりませんが、
本当のバレリーナのよう。

技術的には非の打ち所がないが、何処か優等生的で面白みに欠ける「臆病なバレリーナ」が
精神的に追い詰められていく様子を巧みに演じています。

才能と努力。
並々ならない精神力。
殻を壊す力。
自分を解き放つ力。
一流と言われるアスリートやアーティストはきっとこういう中でせめぎ合い、
我が身を磨いているのだろうと思うと本当に一握りの人である理由がよくわかります。
誰もが出来ることではない。

ここまで身を削らないと完璧はないのだろうか。

母との確執。
全くタイプが違うライバルの出現。
男を感じさせる舞台演出家。
引退を宣告された自暴自棄の元プリマ。

全ての存在が彼女の心の葛藤に絶妙にリンクしながらどんどん彼女を追い詰めていく…。

まさに鳥肌もののサイコスリラー。

この役、女優冥利に尽きるでしょう。
まるで舞台を観ているような緊張感でした。

文句なし。
★★★★★
スポンサーサイト
17:14 | 映画 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。