スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

かなり直情的な『霜花店-運命・その愛』を観る

「サヨナライツカ」が「夏物語」なのかを確認しようと有給休暇をとりましたが、どうしても観てみたい映画ができたので、そちらを鑑賞。

『霜花店-運命・その愛』

そりゃあ凄いらしい。いろいろ。(笑)
確かにレディスデーですが、初回から満席立ち見って…びっくり。

と思ったら60数席の視聴覚室上映。(笑)

仕方ないので、二回目のデジタル上映のチケットを確保、座って鑑賞です。

あらすじはこちら

http://frozen-f.com/

えっとですね。
いろいろな意味でツッコミどころ満載の面白い映画でした。
この映画、私的には王が全て
でしょうか。
チュジンモって役者さんなのね。
なかなか目の演技がよろしくて。
障子に映る影、
絵筆を持つ指、隙間から覗く瞳。
嫉妬に揺れ動く眼差し。
荒げる声。
狂う思考。
震える唇。
一番印象的だったのは、自分を殺しに来たインソン君を盃を傾けながら待ちわび、迎えた時の表情かなぁ。
何だか待ち望んだ恋人がやっと現れた…そんな嬉しさと悲しさが入り混じった顔。
なかなか興味深いです。

そして観終わって一言。
「王が可哀想だなぁ」と。
最後、インソン君が、王の方を見つめ、息絶えるのが救いでしょうか。

「私を愛したことは一度もなかったのか」と問われ、
冷たく「なかった」と答える彼の真意を即座に気づかなかったのは私と王だけ?(笑)
いやいや、王は気づいたから彼の命を奪ったのかもしれないかなぁ。

王は幸せだった?
今考えると、ラストシーンの表情はどこか満たされていたかもしれないかなぁ。
王妃が彼の名を呼ばなくとも。

ああ、いい映画だったかもしれない。(笑)

大変申し上げにくいのですが、
私、インソン君があり得ないほどNG。
そもそも美童隊の子供らがNG。
王はOK。副隊長はまだOK。
1人だけ可愛い部下OK。(Lさん一目で彼はわかります。華があっていいですね。お目が高い。笑)

という具合で、なかなかインソン君に絡めず、正直、肝心の?(笑)男女の睦み合いには全く感情移入出来ず。
ヒキのショットが多すぎて、情感薄く、胸が踊らない悲しい結果でした。
明る過ぎるんだよね。(笑)
何か淫靡さなく、妙に健康的で、無機質な印象でした。
王妃の声は良かったかなぁ。

格闘シーンが綺麗で感心。
どこか舞のようで、ロングスカートのような衣装がとっても映えて印象的でした。
ラストの王とインソン君の一騎討ちは映画序盤にあった2人の濡れ場よりはるかにエロティシズムに満ち溢れていた気がしています。
つまり、私が思い描くエロティシズムと裸と行為は連動していない…ってこと?

だからびょんは裸にならなくてもエロいんだから、ならなくていいのよ。
と、意味不明なことを論じたくなるのでした。(笑)

登場人物のほとんどが直情的で、感情爆発、あからさま、まっすぐなイメージ。

いやぁ…ストレートな韓国映画だったね。と友人と語り合いました。
そして、
「サヨナライツカ」の亡霊も含め、
「悪人」の亡霊も含め、
王の亡霊を囲んで、
愛されているということを実感出来ない人々について熱く語りあったのでした。
王は愛されているという実感が欲しかったんだろうねぇーと。

愛は人を強欲にするのかも知れませんね。
いや、欲が愛を生むのかな。

永遠のテーマでしょうか。

全く感想になってない呟きですみません。(^^;;








スポンサーサイト
23:44 | 映画 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
「サヨナライツカ」を読んでおく。 | top | Dr.パルナサスの鏡

Comments

# 永遠のテーマ
haruさん おはよう。

だから言ったでしょ?(笑)
「サヨナライツカ」見なさいって。
私も、ちゃんと読みますから。(笑)

アクションシーン、よかったよね。
時代劇好きだなぁ~って、つくづく感じた自分。
「英雄」のトニーの華麗なアクションに惚れぼれしたのを思い出したわ。

この映画、私は、悪いけど、絶賛よ。
上質な成人映画だった。
愛も欲も業も、ストレートに伝わってくる映画だったわ。

また、語ろうね~e-266
by: じゅえる | 2010/02/18 09:34 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
> じゅえるさん、コメありがとうです。
> これ、関係各所絶賛よね。(笑)
> 面白かったよ。
> 特に王良かったわ。
> インソン君ダメとか現場無機質とかは私の勝手な
> 少数意見なので黙殺して。
> 王妃が「宮」に出ていた彼女だって今日わかってびっくり。
> 頑張ってたよね。
> 殺陣も上質でした。
> 早くレビュー書いて。(笑)
> サヨナライツカも読んでね。
> この映画を見るまえ、映画館の前のポスターや記事をみて王の役、いい役でびょんにやらせたいって思っていたんだけど、今考えるとインソン君の役を10年前に彼にやらせたら面白かったたまろうなぁって思いました。
> それならきっと納得できたと思う。(笑)
> 納得してないのよ。見た目に。こればかりは仕方ない。
> 許してね。
by: じゅえるさんへ | 2010/02/21 21:27 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/121-d71ebf50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。