スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

活動屋バンザイ!『剣岳』を観る。

以前、木村大作監督が面白いという話を本宅で記事にしたことがありました。
確か香川照之氏との対談番組を観たのだと記憶しています。

映画バカの2人の思い入れの強さが暑苦しくて(笑)可笑しくて、
とても可愛くて、楽しくて大好きでした。

そして木村大作初監督作品『剣岳』
何故映画館に行かなかったのか。
ビョン活忙しかった??(笑)
ずっと後悔していました。
DVDも何げにレンタル中だったりして
ようやく今頃観賞です。

詳細はこちらから

剣岳 公式サイト


何故映画館に行かなかったのか。
この一言に尽きます。

とにかく山が美しい。
映像が素晴らしい。
それだけで感動です。

壮大な自然を余すことなく映し出す。
美しいクラシック音楽にのせて。

ある意味とてもドキュメンタリー的な
気がしました。


厳しく大きな自然に挑む姿は神の定める運命の中、必死に人生を生きる姿
とだぶります。

壮大な自然の中。

主演 浅野忠信 驚くほど、普通に明治の寡黙な男。
可愛い奥さんにはメロメロなんだよね。(笑)
松田優作が晩年ちょっと枯れたいい感じだった頃のイメージに近いかな。

で、やっぱり香川照之。
「宇治長次郎」
この人なしでは剣岳に登れず、
『剣岳』作れず。
感想語れず。

要です。まっこと。(ちょっと土佐・笑)

美しく厳しい自然がメイン。
自然生かされる人間は小さいのですが、小さい中にグッと詰まってる感
じ。多く語らず、背中や一歩一歩の歩みで魅せる。

明治の男の人生を淡々と描く。
厳しい自然、美しい風景を淡々と描く。
どちらも本物ゆえ、ただ映すだけで絵になるということでしょうか。

とても贅沢な映画です。
遠くの山の峰を登る2人の姿を遠景で撮影する。

ほんの数秒のこのカットを撮影するために、どれだけ労力がかかっている
のか、気が遠くなります。

同時にベストポジションまで登山して、絶妙な空の色、雲の位置、日射し
の加減。
全てに納得が行かないと撮影しない。

9時間かけて登って20分撮影、それでもお蔵入りのカットは数え切
れずらしい。

とにかく。
観ていて
「どうやって撮ってるんだろ」とワクワク。
ストーリーにじんわり。
「何をしたかではなく、何のためにそれをしたかが大事です。」
というセリフにじんわり。
クサイと思いつつ「仲間」という言葉にじんわり。

ストーリーは若干薄目で感動するほどのインパクトは正直ありませんが、
俳優の存在感が巧くカバーしている印象。
自然がメイン、自然と生きる姿がメインですから、許容範囲だと思いまし
た。

特典映像の浅野忠信と香川照之のインタビューが最高に可笑しかったで
す。
木村監督可愛すぎ。(笑)
YouTubeで見つけたので貼っておきます。





いろいろ読んだら、山に詳しい人が見るといろいろヤバイとものが映って
いるらしい。
(普通はCGで消して処理するようなものがそのまんましっかり映っ
ていると(^_^;)
私は全く気にならず、ああ綺麗だー。
とただ感嘆。

そんなわけでみんな見えるもん違うから映画って面白いなぁーと改めて思
うのでした。

大作さん、貴方の熱意私には通じてますっ!(笑)

スポンサーサイト
21:04 | 映画 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
『観察』 | top | 成瀬巳喜男アワー

Comments

# 映画監督さん。
haruさん。お久しぶりです。今晩はです。

実は、この映画の公開前に、この監督のインタビュー番組を見ました。
映画にかける情熱が半端じゃなく、あまりにも、ものすごくて、そして、その自信にあふれた姿と、ずっと、しゃべりっぱなしのすごさを覚えています。とても、とても苦労したと話していましたが、この映画を撮ることが使命だと思ったらしいのです。

本当にすばらしい監督と、きっと、立派な映画に違いないと思いましたが、圧倒されすぎて、見ませんでした。今度、機会があったら見ようと思います。

山は、雄大で、偉大ですばらしいですよね。そこにあるだけで、とても優しくて力強さを感じるのです。
大きな山があり、いろんなところから見ることができますが、雪がまだ、山の麓まであります。今年の寒さを強調しているようです。

夏が過ぎ、秋になり、少し冬になった気分の今日この頃です。天候不順が続きますが、haruさん。体調など崩されず、元気でお過ごしくださいね。
by: kazuko | 2010/05/14 22:18 | URL [編集] | page top↑
# 熱意ムンムン
kazukoさん、お元気そうで何より。コメありがとです。お返事遅くてすみません。
さて、剣岳。
私もその対談観たかもしれません。
木村監督はたいていその調子で、いつも映画への情熱を熱く熱く語っていて、
いつも唖然としたあと余りに可笑しくて笑ってしまいます。
今回是非撮影風景を観たいと思っています。
メイキングをレンタルしようかと。(笑)
映像から彼の愛が伝わってくるように思いました。
元気をもらえるようなイメージでした。
是非美しい山を観て仕事にかける男のプライドを感じて
元気に変えて頂ければと思います。
この後、「観察」の感想をアップしますね。
良かったらおつき合い下さい。

by: kazukoさんへ | 2010/05/18 18:49 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/131-8eeae563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。