スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『グッドモーニングプレジデント』を観る。





チャンジン監督に近くでお目にかかるのは二度めです。
壇上の監督はいつもながら、シンプルかつダンディな装い。
ウフッ素敵。


お友達に「グッドモーニングプレジデント」のティーチイン上映会があると聞き、まだ間に合えばと慌ててチケ取ったら月曜のせいか楽勝…というわけで、行ってまいりました。

上映会開場前、ふと外を見るとラフなTシャツ姿のチャンジン監督、普通に立ち話。
サインもらってる人、写真撮っている人それぞれ。

「近~」

何故びょん以外は近いのだ。(実は錯覚)

ジウンちゃん、びょん意外で映画撮って日本に行商に来たらこれくらいかな…(*^_^*)
何でも出来るな…ふふ。
完全にトラ狸妄想です。(笑)

で、肝心の映画。

体にいいというか、実に優しい映画。
ちょっとここ数日体調を崩していた私を労わってチャンジン監督が作ってくれたアワビ粥のような。(笑)
そんなイメージでしょうか。

確かにちょっとメリハリに欠けボーっとしている気もいたしますが、時に刺激少なく穏やかに善良な人々の愛や優しさにどっぷり浸かるのも悪くないなぁ。
クスクス、ゲラゲラ笑いながら、時々ホロッとしながらのんびり鑑賞させて頂きました。

大統領一人の任期が5年。
就任する三人の大統領。
大統領それぞれのお話がオムニバス形式で進みます。
それぞれの話の接点が
大統領が三代変わってもずっと大統領のために料理を作り続ける官邸の料理長…。

でも彼の目を通して描くわけではなくて。
彼の存在は私のイメージ的にはお地蔵さんに近い。(笑)
以前、ウォンカーウァイ監督の「ブルーベリーナイツ」を観たとき、ジュードロウに感じたイメージに近い。(笑笑)
もしくは「小さな恋のステップ」の電柱。
いつもそこにいて揺るがず。
求めているものをサッと出してくれ、
悩んでいる時に拝むと自分の中に隠れていた答えが自ずと湧き出てくるような…そんなイメージ。

たぶん大統領が選んだどの答えも彼らの中にもともとあった選択肢。
でも悩み悩み。
結局お地蔵さんを拝んで憑き物が落ちたように、開眼したようにすっきりと結論にたどり着く。

このお地蔵さんを介する行為は彼らの選んだ結論が偽善的な発想によるものではないことを印象づける。
極めて効果的に計算された筋書きなんじゃないかな。
更に面白さ二倍二倍。

名誉欲や損得計算ではなく。
どこかバカらしいほど純粋で単純で
人間的動機に導かれた結果。
父との思い出や
イケてないけど可愛い旦那の姿や
ささやかで穏やかな幸せ、いや若き日の理想?いや命が惜しかった?(笑)

とにかく。
どの大統領も潔く。
その顔は晴れやかで。
気持ち良く。


料理長の本がベストセラーになったり。

イスンジェ演じるキム大統領が奥さんと宝くじ必死でマーキングしてたり。

ジウク大統領がまた違う臓器提供を望まれたり。

と、ほんのちょこっとのブラッキーあり。
これじゃ足りない?(笑)

ドンゴンssiは文句なく美しく。
男やもめにしては綺麗すぎる。
クレーマークレーマーにしたくなかった?
いや、せっかくなんだからもうちょこっと子供との掛け合いがあっても面白かったかなぁ。

チャンジン監督は子供苦手だったりするのかな。

せっかくだったからこの辺ティーチインで突っ込めば良かったかなぁと後悔。

キム大統領とジウク大統領の繋ぎがキム大統領の娘、ハンチェヨンなわけですが。
無駄に美しすぎる。(笑)

彼女である必要があったのか?
と思ったらなんと、ハンチェヨン、チャンジンファミリーとのこと。
以前彼の舞台に出たことがあるそうで
カメオじゃないけど多めのカメオ?(笑)
ま、美男美女でよろしかったかしらね。

で、私がこの映画をいいなぁと思ったのはたぶん登場人物が皆自分の仕事にプロ意識満々なところでしょうか。
SP、秘書官、調理人、そして大統領。
皆自分の役割をしっかりこなしている辺りがとても心地良く。
あープロってどんな仕事でもかっこいいなぁと惚れ惚れ。

特にSP役の人、よく見かけますが、この人とても好きです。
第三話でダンスを踊る大統領を見て首をかしげる仕草が可愛いです。

全体的にほぼ満足。
★★★★


チャンジン監督、また映画の行商に来日するそうですので是非またお会いしたいと思います。
次は質問してみよう。(笑)

この映画・・・チャンドンゴンピン主役ではありません。
またそこがいい。
で・・・・ちょっと羨ましい。
良質なコメディー激希望!

一般予告編があまりにドンゴンssiピン過ぎてイメージと違うのでこれ貼っておきます。









スポンサーサイト
21:38 | 映画 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
曖昧さ加減がいい。『文・堺雅人 』 | top | 花に嵐の映画もあるぞ 川島雄三を読む

Comments

# 大盤振る舞い?(笑)
you さん、★×4とは、またずいぶんと好意的じゃないですか。生監督効果?監督、来日した甲斐があったというものです。ワタシは何度見ても、★×2以上はあげられない(笑)。

>びょん以外は近いのだ。(実は錯覚)
いや、これは当たっているかもよ。ジウンちゃんだって、びょんさえいなければ、頼みもしないのに寄ってきてくれるし(爆)。

料理長=お地蔵さんって、言い得て妙ですね。今度イ・ムンスを見たら、絶対お地蔵さんが目に浮かぶこと間違いないわ~。

>SP役の人
チュ・ジンモ。ただし、「サンファジョム」のホモ王ではありませんよ。

今度見るときは、突き止めるわ~。漢江の橋の上で暴れていた人.... ってまだ見る気なのか...

by: sophielotus | 2010/07/04 02:27 | URL [編集] | page top↑
# タイトル
sophielotusさん、コメありがとうです。
あー、生監督効果あるかも。(笑)
ああいう凛とした大人の男の人、観ていてかっこいいなぁって感心。
あと、体調ね。
最近、かなり映画の感想が体調に左右されている感あり。
弱っているときはこれくらいでも。(笑)

やっぱジウンちゃんは次回作びょん抜きで激希望。
きっとそれもお互いのため。(笑)

★2つでもまだ観るのですか?
愛か意地か。(笑)
しかし、映画にはいろんな楽しみ方があるとあのティーチインで改めて教えて頂きました。
楽しかったです。是非突き止めて下さいね。
わかりますよ。さすがに。
ホモ王ではない。どこをどう観ても。(笑)



by: haru | 2010/07/07 08:18 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/07/18 06:25 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/142-9ef38b72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。