スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

曖昧さ加減がいい。『文・堺雅人 』



俳優の堺雅人さんが私の第二の男?いや、第三…いや、第四?
一体何人御贔屓がっ。(笑)
とにかく、かなり気に行っているということは常日頃公言しております。

神経質そうな華奢男の草食男子。
もともとは私、そういう好みですので、ま、当然の感じです。

さて、そんな彼のエッセー。
読んでみました。
やっと図書館から呼ばれた。(笑)

実に面白い。
どこか冷めていて
どこか傍観者の割には
その状況や
その体験をしっかり楽しんでいて。

人生楽しいー最高!!

って感じじゃないけど

淡々と結構楽しかったりする。

みたいな。

温さというか、温度が心地良い。
とても自然体で飾り立てない様子が
実に好み。

そのくせ
文章を読んでいるとどこかに一本何か得体の知れないものがすーっと通っ
ていて、それは棒とか柱とか信念とかそういう堅いものではなく。
光ファイバーとか海月の足とか…例えるとしたらそんなもの?(どんな。
笑)
透明で自在に曲がるそんなものが通っていて、吸収してどんな形にも変化
するようなしなやかな、でも何故かタフな印象。

出来ることならこれくらいの感じで生きていけたらいいかななんて思う。
曖昧で基本「ま、いっか」なんだけど、どこか譲らない。

以前は別な人になりたくて仕方なかったのに。(苦笑)

年のせいか、身の程を知ったか。
別に堺雅人になりたいとは思わないけど。(笑)

物の捉え方、発想、共感出来たり感心したり、とても楽しかったです。

「かもしれない」とか「みたいだ」
とか。
そういう曖昧さは不確かではあるがどこか未知数であり、無限を感じる。

それが楽しいなぁー。

出来ることならそういう感覚をいつまでも持ち続けたいと思いました。















スポンサーサイト
23:13 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
映画を観るということは監督の心の中を覗くこと? | top | 『グッドモーニングプレジデント』を観る。

Comments

# 変なところに、コメントを残したみたいです。
haruさん。拍手のところにコメントを残してしまいました。もしよろしければ、そちらを見てください。
また、変なことをしてしまいました。
by: kazuko | 2010/07/17 14:25 | URL [編集] | page top↑
# タイトル
kazukoさん、コメありがとうです。
今、ちょうど「ジョーカー」観てます。
先週より今週のほうが面白い。
人間味がより感じられるせいでしょうか。
パーフェクトはつまらないです。
で、「文・堺雅人」

あいまいな中にありながらも、頑固な姿勢が、にじみ出ているのです。

そうそう。
そこにとても惹かれます。
冷たいのに熱い。
そういう感覚が心地よい。
この先とても楽しみな作品
とても楽しみな役者さんです。
by: haru | 2010/07/20 21:54 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/144-08c0bd9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。