スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

植え付けてくれ。(笑)インセプションを観る。

家人はこういう映画好き。
私はレオ様は苦手なのですが、
宣伝で見せたクリストファーノーラン監督の映像にかける意気込みにほだされたこともあり、2人で観てまいりました。

意外と面白かったです。
映画三本観たような充実感。
ま、疲労感も三本分です。(笑)

最近3D映画が流行っておりますが、
この映画は脳内3Dとでもいいましょうか。
夢の世界の中にまた夢を作り、その中にまた夢を作り出す。
深層心理の階層の中を登場人物が行き来するような感覚。
スクリーンから飛び出して来ないけれど脳内で「落ちる」感覚や、だまし絵のような感覚は充分楽しめます。
軸が縦横構造になっている不思議な感覚は楽しいです。


どういう仕組みだ?とか
何でそうなるの?
なんて細かいことに気を取られているとストーリーはどんどん進んでいってしまうので
細部に拘わらずその世界に一緒に飛び込んだ方が楽しめそう。

そうなる。そういう仕組み。
そう決まってるの。(笑)

レオ様
あの丸顔がとても苦手だったのですが、不思議と本作は大丈夫でした。
甘ちゃんだけど苦悩してる感じがコブに合っていたかなぁ。
三浦友和系になってた。(笑)

ケンワタナベ
冒頭やっぱりハリウッドのジャパニーズイメージはこれかよっ!
とちょっとげんなりしたのですが後半普通でほっとしました。
レオ様の惚れっぷりからしてもっと絡みがあるのかと思いきや意外とシンプル。
でも英語にもかかわらず、普通に俳優。
今後の活躍も期待できる?

ジョセフゴードンレビット
私的にはこの映画の中で1番の御贔屓。
こういう小綺麗で繊細で神経質そうだけどクレバーでクールにやるときバッチリキメる役好きです。

2番目はマイケルケインね。(笑)
贅沢な起用。

ノーラン監督と仲良しなんでしょうか。

とにかく。
脳みそが元気な時に観ることをお勧めします。
たぶんその方が楽しめるかと。

実写に拘ったというノーラン監督の売りを目当てに行ったのですが…。
やっぱり多少は(かなり?)CGありですよね。(^_^;)

普通にブロックバスター。
★★★
スポンサーサイト
08:04 | 映画 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
捨てられなくなっちゃったじゃない。「トイストーリー3」を観る | top | 色即是空- All or nothing

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/150-6856838c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。