スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

捨てられなくなっちゃったじゃない。「トイストーリー3」を観る

予告を観ただけでウルウルしちゃった映画。
トイストーリー3

やっと鑑賞いたしました。

我が家の息子は17才。

ちょうどアンディと同い年です。

トイストーリーと一緒に成長してきた…と言っても過言ではないかもしれません。

開始数分。

アンディの回想シーンでもう号泣。
アンディの気持ち、オモチャの気持ち、アンディママの気持ち…。

痛いほどぐぐっと胸にきます。
オモチャを見ると夢中で遊んでいた子供の姿が思い浮かび、
笑顔が思い浮かび、
時間が蘇る。

そんな中、いろいろな事件があって。
オモチャたちの友情
持ち主への想い。

持ち主の想い。


ラスト

アンディがひとつひとつのオモチャを女の子に説明しながら一緒に遊ぶシーン。

3Dメガネに涙がたまるかと思うくらい泣ける泣ける。
とっても幸せな気持ちになれました。

涙あり、笑いあり。
ドキドキあり、ヒヤヒヤあり。
あーよく出来てるなぁと感心。
★★★★★

あーこんなの観ちゃったらオモチャ処分出来なくなっちゃったよ…。
困りました。(苦笑)





スポンサーサイト
22:37 | 映画 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
月はひとつしか見えないが。 1Q84を読む | top | 植え付けてくれ。(笑)インセプションを観る。

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/151-3f051cb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。