スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『パンチドランクラブ』を観る






こんな時になんですが・・・。
俗世から切り離されたこの家。(笑)
喧噪を離れ、マイペースに記事をアップしたいと思います。


さて『パンチドランクラブ』 これもまたジウンちゃん推薦。

詳細はコチラから。
感想もとても同じものを感じるのでこちらを。

パンチドランクラブ


では私の感想を簡単に。

とっても・・・変な映画(笑)

ジウン監督が好きなメロは本当に一風変わっています。

この映画

現実的なようでとてもメルヘンチック。

激しいお姉さんたちに揉まれて育った主人公は一見穏やかそうだけど

感情を抑えきれなくなると激しく「キレる」

そんな彼がある女性に出会い、愛し合い

変わっていく・・というか成長するお話。

その間に変な電話商法に引っかかったり

プリンをいっぱい買ってそのバーコードだか何かを送ると

信じられないくらいたくさんのマイレージがもらえると言って馬鹿みたいにプリン買い占めて

集めたり・・・。

道端に落ちていたハーモニウム

拾ってきちゃったり・・。

この主人公は・・・どう考えても「子供」

そんな「子供」の彼が恋をして・・

大切に思えるものができて

自分でしたことの後始末を自分でして

「キレる」自分と決別する。

彼がそんな「キレる」自分と葛藤しつつキレたり、

恋に戸惑うさまが画面にいっぱい。

それは彼女の住んでいるアパートが迷路のようになっていて迷ってしまったり

オフィスのデスクの上でハーモニウムに潜り込んで音を奏でてみたり

突然ハワイにスーツ姿で手ぶらで飛んで行ってみたり

彼女はそんな彼をまるで母のように包み込んでくれるわけで。

彼女の腕の中で自分の悩みを素直に打ち明ける彼は子どもなんだけど

最後は大人になっていた。

ジウンちゃんもある意味子供だから(笑)

こんな女性希望だったりして。(^_^;)

可愛い。 妙にピュアな映画です。

深夜二本立てで見た二本目でも寝なかったから(笑)

面白いんだと思います。

お暇な方はお試しください。(*^_^*)










スポンサーサイト
09:34 | 映画 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
大阪で『幸福』の上映があるらしい | top | 「幸福」を見て「幸福」について考える

Comments

# これから先が楽しみ
こんばんは~
この、映画、うちのDVDデッキに先週から入っております。
何度か「今日こそは見よう!」
って試みているのですが、夫とともになじぇか、途中で眠ってしまう・・・
映画の中で妙に鮮やかな青いジャケットのカレがキレているのに、なんだか心地よい~
プリンをマイレージのために積み上げていても、オルガンを拾ってきて仕事場の机の上にドンと置いていても、全然違和感なく見てしまう・・・
まだ、途中なんだけど・・・i-229
人間ってだれでも、こんなことしてみたいって思ってるんでは?と思ってしまって・・・(私だけ?)
妙に心地よく、まだラストまでいけてないです。これはじっくり見てしまいそうです。
 haruさんの感想を読ませてもらって、これから先がまた、楽しみです!
by: ko | 2008/10/20 21:03 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは。
ジウンさん。この映画好きってことは・・・
お姉さまいるみたいだし、
けっこうこういうとこあるんじゃないの?
けっこう家族の中でダメオ君みたいな風に扱われて。
いじられて育ったような感じ。
幸福より、こっちが「わかりやすかった」です。

幸福はわからん。
ある意味残酷だよね。
何もなかったかのように日常が過ぎてくんだから。
でも、そういうものなの?
達観してるなぁ~

ギドクチックだった。色以外は。


by: juno0712 | 2008/10/20 22:55 | URL [編集] | page top↑
# よく寝なかったと思って(笑)
koさん、コメありがとうです~。
この映画、すごいことが起こるわけでもなく
普通の日常生活に起こりそうなことがちょっとデフォルメされて淡々と起こる。
普通なら見ていてこう・・山場がないから
寝ちゃいそうなもんですが
なぜか寝なかったんですよね。
不思議。
彼が画面を右往左往する様が妙におかしくて
笑っておりました。
是非、ご主人と最後まで見きって下さいませ。

by: koさんへ | 2008/10/21 20:13 | URL [編集] | page top↑
# たぶん・・こんな感じ
juno0712さん、コメありがとうです~。
うんうん。
キッチンで
「あんた、昔ゲイゲイって言われて泣いてたよね~。ほら、やっぱりゲイなんじゃないの~」
・・とお姉ちゃんにいじめられる彼を見ながら・・・こんな感じかも(^_^;)
・・と思いました。
ただ奥手な女性過敏症なだけじゃないかしらね。
いらぬお世話です。(^_^;)
そうですね。
この映画はストレートで可愛い。
わかりやすかったですね。
感情がみんな表に出てて見えやすいし。

「幸福」はお腹の中で何を考えているんだか
わからない怖さと本音と建前の駆け引きがある。
こういうドロドロしたの好きなんで。
あ~そういうドロドロをさらっと綺麗に描くところはギドクちっくかも。
ギドク映画は難しいけれどとても惹かれるんですよね・・。
あの男はまた別な女ができたら同じことを繰り返しそう・・。
女はどうかな・・。
ちょっと暇ができたらあの監督の映画追ってみようと思っています。
by: juno0712さんへ | 2008/10/21 20:23 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/16-d22aff0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。