スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

山内容堂と後藤象二郎


『龍馬伝』11/14放送

もちろん、このドラマ。
福山龍馬が主役ではありますが、
岩崎弥太郎を筆頭に脇が最高にかっこ良くて面白いです。
この回は
近藤正臣演じる山内容堂と
青木崇高演じる後藤象二郎に泣かせて頂きました。

以前、武市さん絡みの時から、容堂はかなり気になるキャラではあったのですが、今更ながら面白い役だなぁーと改めて惚れ込んでいます。
目線、声の艶、表情…。
まさに、怪物。
このドラマ特有の画質と相まってなんて素敵なんでしょう。
縁側で象二郎と酒を酌み交わすシーンなんて唸るしかない。
あっぱれ斜め後ろ45度っ!


そして、後藤象二郎。
青木崇高君はちりとてちんの頃からいずれ来るだろうとは思っていましたが、いよいよ来たなって感じです。(笑)
特に最近のもみあげもしゃもしゃで太った彼はいいですねー。
おでこに光る汗も飛び散る唾も生身の人間っぽくて凄くいいです。
この回のハイライト
容堂公に龍馬と面会することを懇願するシーン。
龍馬への嫉妬心を大殿様にあからさまに晒してまでも変革を目指そうとする彼なりの志が見える、とてもいいシーンでした。
彼の熱い想いがビンビン伝わってきます。
そしてシェイクハンド。(泣)

いやぁー面白かった。
来週は勝先生が泣かせてくれそうな予感。
実に楽しみです。
あ、弥太郎父by蟹江敬三も良かったー。(泣)
あんな信念があの人にあったなんて。


ドラマを観つつ。
私ってわかりやすくて臭いのが好きなんだなぁーと自分の単純さに気づく今日この頃です。(^_^;)

スポンサーサイト
22:17 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
面白いなぁー。 | top | 忘れちゃったから備忘録。

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/162-452fd613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。