スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

執念の香港麺 『雨夜 香港コンフィデンシャル』を観た。



最近美味しいもの検索も手抜かりっぱなしの私ですが、お友達のタレコミ情報あり。

桃井かおり?
香港?
ラトビア映画?
実に美味しそうだー。

…というわけで観て参りました。

EU Film Days 2011

『雨夜 香港コンフィデンシャル』

詳細はいつものようにこちらから。

雨夜 香港コンフィデンシャル 大阪アジアン映画祭記事より

会場は京橋の国立近代美術館フィルムセンター

懐かしい…。
勤務地が日本橋八重洲界隈だった頃、よくプラプラ遊びに来たもんだー。
この美術館みたいな雰囲気はお気に入りです。
仕事を終え、チケット受付30分前にたどり着くとあらあら長蛇の列。

噂には聞いておりましたが、
EU Film Days2011
さりげなく人気?

客層は老若男女+
英語字幕もついているからか、
ワールドワイド
9割埋まってる感じでしょうか。

さて肝心の映画の感想です。

桃井かおり
香港
リトアニア人ミュージシャン
…でラトビア映画?
(監督がラトビア人なの?)

最初にこの取り合わせを聞いて
「何で?」
と不思議だったのですが、
どうも最初は日本が舞台だったらしい。

(桃井かおり演じる雨夜が日本人設定でなかったというのはガセです。(笑)ごめん、Bちゃん、Uさん)

最初に桃井かおりありきの映画。
あーなるほど。

そんなわけで当然
桃井かおりワールド全開です。
日本語の呟きは特に好きでした。
呟きというよりは、
異国で母国語を使わず生活をしている人は誰にもわからない言葉でああやって詮無いことを喋りたくなるんじゃないかなぁ。
そんなことを考える。
聞いてくれなくていい。
通じなくていい。
そんな言葉を吐き出すことはコミニュケーションではなく、彼女にとっては違う意味があるのだろうと思ったりしてみる。
ちょっとマイウェイのなつみさんが、放浪の末、香港にたどり着いたらこんな達観したような女性になってるような、そんな想像をしてみる。

不幸せそうでもなく
幸せそうでもなく
つまらなそうでもなく
かと言って楽しそうでもなく

ただ淡々と
自転車を漕ぎ
麺を食べ
働き
眠る

雨のあたる夜の窓を眺め
何を思うのか…。

何となく彼女に共感出来ている自分に気づいたりして。

「一週間でいいからどっかいっていいかな…」

なわけです。

彼女にとってポールは他の世界の空気を運んでくれた郵便配達人みたいなものかなぁー。

遠い異国で出会ったAMAYAの看板の話を聞く彼女の表情が印象的でした。

ポールにとって彼女は異国そのもの?
必要以上に干渉せず、ただそこに漂う匂いというか、空気というか。
異国を放浪し続ける彼には実に居心地のいい存在だった印象。

お互いstranger同士
相通じるものがあったのかもしれません。

ジャスミンは若さや情熱の象徴。

あーあんな頃もあるよねと
何処か達観して彼女を見守りながら、
私は雨夜の域に近づいているんだろうなぁと嬉しく思いました。

ジャスミンの上司とポールの元カノの旦那が同一人物なのはご愛嬌。
ストーリーラインに関係なければ、ギャラ一人分浮くし。(笑)

雨夜の日常
漁村の皆さんの絡み方
クスクス笑える部分多し。

あまり、時間軸を気にしない私は問題なく楽しめましたが、
かなり行きつ戻りつの展開に困惑する方も多いでしょうね…。

とにかく面白かったです。
オヤジたちの歌うような広東語に聞き惚れ、
香港舞台の映画なのに実に食事シーンが簡素なのに驚き。
(やっぱラトビア映画?)
でも妙に雨夜夫妻がすする麺が美味しそうで(笑)
上映中
「終わったら中華だっ!」と決めてました。
残念ながら似たものにさえ出会えず
お友達と担々麺で我慢。

…でもやっぱ食べたいじゃない。
というわけで本日5件目にしてようやくGETしましたコチラっ!

錦華坊 たまご麺

香港麺





出来上がりはコチラ。(笑)

麺



あの人たちおかずも具もなかったよな。(笑)

味は…これかなぁ。(汗)

あ、そういえば、観たい香港映画溜めてたんだった。
香港映画観てぇ~

…というわけで、なんちゃって香港ナイトは更けてゆくのでした。



さて、お知らせです。

コチラの別宅。
地味に運営しておりましたが、
本宅別宅、今更ブログをかき分ける分量の記事も上げられず、また本宅が昔のように偏った内容の記事に執着する可能性もほとんどないので、(笑)
この際部屋を一つに戻してみようと考えております。

この家の鄙びた感じ、とっても好きでこっちを残す?
と思ったこともありますが、やっぱあそこは捨てられない…。
但し、ここに残した地味な記事にも愛着があるので、撤収することなく、放置といたします。

あ~そういえば・・。
なんて思い出す記事があればまたお立ち寄り下さいませ。
スポンサーサイト
23:56 | 映画 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
| top | 鳥肌もの。『ブラックスワン』を観る。

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/179-22237f93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。