スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

イギリスつながり?(笑)『探偵スルース』を観る。

別に彼がロンドンにいたから・・というわけでもないのですが。
ブーリンといいこれといい。
何気にイギリスをうろうろしております。

さて。
こちら。
『探偵スルース』

だいぶ前にマイケル・ケイン、ジュード・ロウ主演の『SLEUTH』を観てとても面白かった・・
という記事を本宅にあげました。

ご参考までにコチラワクワク『SLEUTH』

この『SLEUTH』はリメイクで本家はマイケル・ケインがジュード・ロウの役をやっているときき
観たい観たいとつぶやいておりました。

ここまでの作品になるとなかなかディスカスにさえない。
そしたらお友達が「ハイ」って貸してくれました。
ありがとうありがとう。

・・・というわけで長年の想い叶い鑑賞です。

2007年版「スルース」はかなり短い89分

そして1972年版「探偵スルース」は140分

かなり長いです。

丁寧といえば丁寧ですが・・ちょっと尺長かなぁ・・。
新スルースがテンポよくあっという間だった印象と全く違う。

セリフ回しと二人の表情を中心にシンプルモダンで無機質っぽい室内で話が展開する新スルース。

たくさんの不気味なからくり人形が置かれたイギリスの田園の大きな屋敷が舞台の1972スルース。

同じように二人の掛け合い、二人の表情が生きているのに鋭くないって言おうか・・。

う~ん。

新しいスルースにはこう・・鋭利な刃物のようなキラリンとする冷たい感じがあったんだけど
1972スルースは鈍器って言おうか・・・石器って言おうか・・鋭利じゃなくて重いドスッみたいな
そんな感じなんです。

それは舞台になるインテリアのせいなのかな・・。

時代のせいなのかな。

1972スルースはどこか人間味があるような。
2007スルースのコピーで「ジュードロウの妖しさとマイケルケインの怪しさのぶつかり合い」
みたいなのがありますが。

あんまり妖しさも怪しさも感じない・・・・妙に健全。(笑)

リメイクで登場人物もかぶっているけれど何か根本が全く違う作品ような・・・
そんな印象を受けました。

私は・・・2007スルースの方が好きかな。
密室で繰り広げられる心理劇要素が強い気がします。
ジュード・ロウ・・綺麗ですし。

リメイクで展開は同じでも視点の違いでこんな感じになるんだ・・と感心。
やっぱり芯がしゃんとしている本はどう作ってもそれなりに鑑賞に耐えられるのでしょうか。
面白かったです。

マイケル・ケイン・・ちょっと年行っちゃってるかな。(^_^;)
え?当時39歳?
見えな~い(どっちだっ!笑)
そう考えると・・びょんって・・・スゴイ。(*^_^*)

私は「THE ITALIAN JOB」「ALFEE」の彼がお好み。
いっぱい出過ぎていてフィルモグラフィーは追いかけられない(笑)

現在・・御歳・・・75歳?

彼もその頃には追いかけられないくらいのフィルモグラフィーになっているのかしら。

え?その時、私80歳(爆)

それぞれのオープニングのYouTube貼っておきます。
見比べても面白いかと。

オープニングから庭のシーン・・1972版変わってて面白い。
人形とかこういうインテリア・・舞台装置・・すっごく凝ってます。











いまどき、字幕なしだとYOUTUBEで映画観れちゃうんですか?
すごい・・・。(^_^;)
スポンサーサイト
20:55 | 映画 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
おっさんLOVE 『レッドクリフ』を観る。 | top | I come ・・はどうなっているんだろう。ジョシュ君『ホワイトライズ』を観る。

Comments

# イギリス+探偵=
haruさん。こんにちは。

イギリス物、特に探偵物が好きな私ですが、これは見たことがありません。

年代の違いは、きっと、昔は、結構殺人というのは、重たいものだったと思いますが、今は、どこにでも起こることで、スピード感が増した現在を表しているような気がします。

アガサ・クリスティーの作品は、どれも、イギリスらしくて大好きです。特に、ポアロが好きなのですが、時々、事件解決をする思考というか、イギリス人には、解決できない事件というのが登場してくるのが面白いのです。
私も「灰色の脳細胞」を駆使してがんばろうかしら?

話は突然変わりますが、坂本龍馬。福山雅治さんですね。脚本が、「ガリレオ」の脚本家ということで、画期的なものになるような気がします。

寒くなってきましたね。身体に気をつけてくださいね。
by: kazuko | 2008/11/12 14:33 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2008/11/13 13:45 | URL [編集] | page top↑
# 探偵じゃない・・・
kazukoさん、コメありがとうです~。
あれ?これね。
そういえば題名「探偵スルース」だけど
全然探偵じゃない(笑)
観ていなくて当然です。
私も昔はホームズ・・ポアロ・・
とっても毎週楽しみにしていたのに。
いつからかすっかりご無沙汰になってしまいました。
そうですね。
ポアロは時々妙に人間的だったような気がします。
で。
坂本竜馬ね・・。
玉木君が思ったよりも?だったのですが。
型破りな竜馬を期待できるでしょうか。
そういえば容疑者Xの感想を書きそこなっている・・。(^_^;)
by: kazukoさんへ | 2008/11/13 18:21 | URL [編集] | page top↑
#
非公開kさん、コメありがとうです~。
びょんファン・・何気にジュードロウファンとかぶってる確率高いような気がするのは気のせいでしょうか。
「スルース」お勧めです。
もう一本「ガタカ」という映画もぜひ。
主役ではありませんがとてもいいです。
お試しください。(*^_^*)
by: 非公開kさんへ | 2008/11/14 00:38 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/26-7dc0c4b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。