スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

38

「予約された本が届きました」
久々に図書館から電話がありました。
図書館を利用するとなんとなく税金の元を取っている気がして気分いいのですが、
人気の本ほどすっかり興味が薄れた頃に届くというのは非常に悲しいです。
この本も何で予約したんだったか…。
おそらくは王様のブランチで筑摩書房の松田さんが薦めていたのかな。(笑)

この日私の手元にやってきた本はこちら

「アカペラ」山本文緒

Amazon 「アカペラ」レビュー


題名聞いてもすっかり忘れてしまってピンと来ないのでとりあえず読みました。
そして…感想です。
さて。
この本。
三つの短編集。

以前お友達の勧めで「私の男」という本を読んだことがあります。
読み終えた後、何とも形容し難いねっとりとした陰鬱な感情が残り、決して好きではないけれど面白いと思ったことを記憶しています。

興味のある方はこちらから
「私の男」

この本の三話とも根源に流れる何かはとても「私の男」に似ている気がします。
血と愛情とぬくもりと繋がりと…。
他人との関係が希薄になるからか…家族の繋がりが希薄になるからか…。
繋がりの濃いものに何故か惹かれる・・
そばで生活する身近な人にすべてを求めてしまう・・
妙にコンビニエンスな主人公たちはどこか寂しげで頼りないのですが、
この本では皆、最後は悲壮感なく自分を見つめ、自分の人生を一人歩み始めます。
だから読んだ後はとても不思議な感じがする。
主人公たちには共感出来ないけど彼らの生き方は決して嫌いではない。
そんな気がします。

そしてこのお話。
どの話にもなかなか存在感のある脇役がいて主人公たちの生き方を応援したり、意見したり、心配したりする。

そこがまた面白い。
主人公たちが良くも悪くも生きてる・・・生活している匂いがとてもする。
ごく普通に普通に生きている・・・。
そんな感じがとても好きでした。


そして謎の38ね(笑)

38…という数字から何を連想しますか?
びょん君の年齢と答えたあなたは紛れもなく彼のファンですね。(笑)

三話のうち二話に38歳の独身男が出てきます。

ふたりともかなり冴えない男なのですが…やっぱり浮かんでしまって。
彼はこういうかなり情けない役どんな風に演じるんだろう…
余り取り柄がなくて何となく生きている…そんな普通の人より普通な彼をちょっと見てみたいと思いました。
ま、2話めの彼はモデル並みに格好だけいいのですが。(笑)

一話目の31歳イケメン独身中学教師っていうのもいけそうだ。(*^_^*)

中国の歴史書を読むと英雄の彼に会いたくなり、
どうしようもない男の話を読むとどうしようもない彼に会いたくなる。
結局何を読んでもかなり楽しいです。
(*^_^*)

この小説は話し手がコロコロ変わるのでちょっと異質な感じ。

「私の男」が面白かった方、読むものに困っている方はぜひ。

すぐに読み終わると思います。
スポンサーサイト
23:49 | 読書 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
アクションとカットの間 | top | 掘ってます。ムショ繋がり(笑)2本

Comments

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2008/12/05 20:41 | URL [編集] | page top↑
#
38・・・体重っていつか言ってみたい(爆)
(そうなった時は病んだときかも。。)
おはじゃなく昼です(爆)
新刊を気にして読んだことはないけど
山本文緒結構読みました、、昔のものはそうでもなかったけど年々重い感じになってきたので少し読み離れてましたが今度の帰省の友にしようかと。
38の男目的で(笑)ご紹介ありがとー。
by: mimira | 2008/12/06 12:47 | URL [編集] | page top↑
# 非公開bさんへ
静かな部屋へようこそ(笑)
うんうん。
変換・・もうお互い特技だね。
履歴書に書きたいね。(爆)
おおっ!
これだっ!と思う主人公に会うと
やっぱドキドキするね。
今年はやっぱ張作霖だったかなぁ~。
これもいいんだけど。
ぐうたらひも男・・・やってほしいね。
次がないからさ・・妄想ばっかっていうのも
寂しいです。(T_T)
ちょっと重いけど軽いから(意味不明(^_^;))
by: haru | 2008/12/07 14:00 | URL [編集] | page top↑
# mimiraさんへ
mimiraさん、秘境へようこそ(笑)
ああ・・思い出したよ。
たしかうつ病かなにかになられて・・闘病してたんだ・・・山本さん。
で、復帰第一作・・ってインタビューだったかな。
レビューみると前の作風とはちょっと違うのかな・・私はこれが初めてだったから。
何だか不思議な感じだった。
重いけど軽いみたいな・・いや反対か?
でも・・暗くはないんだよな。
帰省・・どんよりしないことを祈ってます(笑)

by: haru | 2008/12/07 14:05 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/34-c047a778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。