スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

意識的に詰めが甘い男好きです(笑)

me
前回の「息子」に続き、チャ・スンウォン主演の映画
「目には目を歯には歯を」を観て参りました。
詳細はこちら
『目には目を歯には歯を』

ちょうど「ノムノム」封切り時に公開でしたね…これ。
スエちゃんの映画もそうでした。

チャンイ~~~っ!(T_T)

ちょっと叫んでみる。
さて気を取り直して感想です。

私が男の友情ものとか勧善懲悪とかに弱く、
必要以上に情に脆い部分があることは
ここに足を運んで下さる皆さんはよくご存じかと思います。(^_^;)

この映画はま、その王道でしょうか。
ストーリー的に目新しくはありませんが
何に驚いたってポスター見て勝手にチャ・スンウォンが刑事で
ハン・ソッキュが犯人だって思いこんでいて
始まってすぐ逆なのがわかってびっくり。

この映画
主役二人もそうですが、
出てくる刑事の面構えが怖すぎて犯人の方が善良そうなのがすごく可笑しい。

そしてチャスンウォンはかっこいいです~。
単純な私はかなり惚れました。

スーツ姿が綺麗です。
カーアクションは凄く凝って撮っているようでかなりドキドキです。

全体的に広く浅く楽しく。
ちょうどパクシニャンの「犯罪の再構成」を観た時おんなじように感じたかな。
よく考えられたアクション娯楽映画。

作戦を綿密に練る知能犯。
この映画は負けず劣らず刑事も賢いのが見せ場でしょうか。
最初情なんか糞食らえ状態だったぺク警部補がいつの間にか…。
その心の動きの微妙なあたりは実に微妙で。(^_^;)

最後の逮捕劇の場面ちょっと集中出来なくてもしかしたら肝心の部品を聞き逃したかも。
チャスンウォンが何故ぺク警部補を選んだのか…そこ知りたいです。

オカマの金の取引屋はあの人。
この人前もオカマ役だった気がする。

そしてチャスンウォンの敵の血も涙もない金貸し…これあの人。
ノムに出てくる血も涙もない金貸し(笑)

そして一味のひとりのお母さんはあの人(笑)

韓国映画のステレオタイプ配役は本当に感心するというか…
笑えるというか…完全分業制というか。
実に面白いですね。

ラストですが。
リアリティを追求して悪玉がのさばったり、権力が絶対だったりするよりは、
ちょっと「マジ?」っていう展開であっても「良かったんじゃん」ニタニタ。
…と終わって嬉しかったのは私が日常生活に疲れているからでしょうか。(笑)
私もモルジブに行きたいわ~。

意識的に詰めを甘くしたハン・ソッキュ好きですね、人として。(*^_^*)


それなりに面白かったです。
ドルガバベルトギラギラの紫帯帽子の彼の感想はどうだったのかな?
一緒に観たかったわ~。
ダーリンのオヤジギャグ炸裂(笑)の試写会はコチラ。
懐かし~~~。







スポンサーサイト
17:00 | 映画 | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑
あの人も遠くか(笑) | top | 勝手にコンサートしちゃおう

Comments

# うん。ツメが甘いよね。
こんばんは。
土曜日はどうも~
お誘いいただきありがとう~

うん。この映画、すっごくツメが甘かったよ。
だって最初の街中の車がぶつかるシーンとか
つかみはOKだったよね。
すごく期待したのよね~

チャスンウォンはあまりにもかっこよくて
彼、下まぶたの睫毛まですごく濃いのよね。
さすがにモデルあがりだわ。
ほんとに素敵だったよね~

ハンソッキュ・・・
私、彼の顔はあんまり好きじゃないんだけど、
このシルバー?グレイ?に染めた髪がインパクトあったから、彼にも超期待・・・
なのに・・・最後は
「あいつ~~~~」みたいな笑顔で終わり?

ショーシャンクみたいな終わり??

いや~ハンソッキュ、もっともっとがんばって欲しかったわ。チャスンウォンを逃がしちゃいかん!!!

って欲深なのかな・・・

ノムのキムパンジュ、出てたよね。
悪役専門なのかしら。
時代劇における越後屋みたいな。

おぬしも悪よのぉぉってハンソッキュとつるんでた・・・
な~~んてシナリオだったら
面白かったのに~~~~
キムパンジュもあっけなく死にすぎ~~~

あ~~欲深。

本宅のフランス映画面白そうなのばっかり。
どれかは行きたいな。
ご紹介ありがとう。
え?あっちで書けって???
ごめん。

by: じゅの0712 | 2008/12/16 23:13 | URL [編集] | page top↑
# 追記
チャスンウォンのドレッドはどうしたのだろう・・・

あれ本編には関係なかったのかしらね・・・

不思議だ・・・
by: じゅの0712 | 2008/12/16 23:18 | URL [編集] | page top↑
#
じゅのさん、コメありがとうです。
いやいや。
やっぱ詰め甘いですよね。
て言おうか「締め」が肝心ってチャスンウォンが何度か暗示のように口にするわけで。
彼自身の締め
ペク警部補の締め
映画自体の締め(笑)確信犯的にゆるゆるなんでしょうね。
結末があんな感じで途中までハードボイルドだったのに最後はヒューマンドラマになってた。(笑)
すぐ情にほだされちゃうタイプなものでその緩さが許せたんだと思います。
ハードボイルド期待してたら「え~っ!どっちらけ」
じゃない?
チャスンウォン…濃いの苦手なんですけど最近呼ばれます。(*^_^*)
ドレッドってこの映画でしたっけ?
逃亡用の変装でしょうか。(笑)
越後屋の名前レクチャーありがとうです。覚えておきます。俳優仲間と言えば
ウリダーリンはまた義理堅く弔問に行ったみたいですね。
俳優仲間を大切に思う…そういう律儀なとこグッと来ます。(≧▽≦)
by: じゅの0712さんへ | 2008/12/17 09:10 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2008/12/17 14:17 | URL [編集] | page top↑
# 面白かった~
私はこの映画まったく知識は無かったのだけれど、
熱い男のヒューマンドラマって読んだ気がしていたのだけど、
見たらやっぱりヒューマンドラマチックな話でとっても面白かったな~。

ハン・ソッキュの爺臭い風貌でいて鋭さの中に人間臭さがプンプンして・・。
あのシワの垂れ目から凄い眼光飛ばしているかと思えば、好々爺のような優しい眼差し・・。
流石にハン・ソッキュ!!と思ったわ。

そしてチャ・スンウォンの男の中の友情、信頼、絆が前面にあって・・でもチャ・スンウォン私には濃すぎるな~。

最初辞表を出すときに全うな善人になりたい、こんな感じの言葉があったと思うのだけど・・。
この言葉がこの映画の全てなのかな・・と感じたのよね。

チャ・スンウォンがベク警部補に取引を持ちかけるまでに、
同じ体制の中では生きてゆけない体臭を嗅ぎわけたのだろうと思いました。

韓国映画って人が前面にあって、事があって、人を無視した話は殆ど全てが崩壊する筋書きが多いと思うけど、
人が全面の話には悪な話しでも、大川裁きのようなジャンジャンと笑顔で終わり、実に韓国映画の王道だな~と思ったわ。

最後にモルジブ行きの飛行機に乗るのか知りたかったな~。
by: bumom | 2008/12/17 17:08 | URL [編集] | page top↑
#
非公開さん、コメありがとうです。
ええ。
「拍手…」のチャ・スンウォン
ミンウの同僚にしたくなるほど(笑)
カッコ良かったです。(*^_^*)
ずっと昔びょんに堕ちたばかりの頃「リベラメ」を見て、何でこの役びょんじゃないの?と嫉妬して以来密かに永遠のライバルなんですが(笑)
この先も活躍して…いつかガッツリ男の友情もので共演なんていいですね。

あらそうなんですか?同じ製作会社だとアクション好きかも~。
アイリスはきっとアクションバイオレンスパッションめにーめにーなんでしょうか。(笑)
早く見たい~。
男っぽい話、期待出来そうですね。
by: 非公開さんへ | 2008/12/18 09:55 | URL [編集] | page top↑
#
bumomさん、コメありがとうです。
うんうん。
この映画
善良だった市民チャスンウォンと善良な警官のハンソッキュのアクションヒューマンドラマなんでしょうね。(*^_^*)
題名が目目歯歯ですから悪い奴は葬られないとね。
復讐好きの韓国らしい映画でした。
ハンソッキュの映画ほとんど見たことなく。
初体験。
あの人が悪役って観てみたいかも。
笑った顔が善人そうな悪役は怖いです。
by: bumomさんへ | 2008/12/18 18:13 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/42-f66ebb9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。