スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

デリカテッセンを観る

derikatessen
やっぱり一本目は彼絡みで。(笑)
どう絡んでいたんだったかな…。
よく思い出せないのですが、
確かジウン監督のクワイエットファミリーを観たときに、デリカテッセンのような雰囲気を感じて面白いと思った…
みたいな話じゃなかったかと思います。
私にとってジウン監督の作品の中でのクワイエットファミリーのポストはかなり高いんです。
No.2と3を争う名作。(爆)
期待大。
とりあえず詳細はこちらデリカテッセン


そして感想です。

ははは。
面白かったです。
とっても。
ブラックユーモアたっぷりで。
ちょっとグロくてちょっとメルヘンチックで可愛くて。
クワイエットファミリーと確かにどこか似た匂いがします。
大きな戦争の後で、食べ物がほとんどない世の中。
舞台は精肉店。
トウモロコシ粒やひよこ豆だって珍重されるご時制に、妙に顔の色艶がいい精肉店の店主。

オープニングのカットからして笑える。
ゴミに紛れて逃げ出そうとする男の撮り方が可笑しい。

店主が振り上げる巨大肉切り包丁。

ゴミ男の悲鳴が聞こえる。

翌日嬉々として店先にたむろする人々…。
配られる肉肉肉。

ま、そういう話なのですが、スウィニートッドのようなグログロではなくて、何だか可笑しい雰囲気で話が展開します。

この肉屋の上はアパートになっていていろんな人が住んでいます。
彼らが実に個性的。

どの部屋の住人にもドラマがあってなかなか面白い。

ベッドの軋む音。
娘のチェロの音色。
ヘンな豚の笛作りの職人etc・・etc・・

住人の生活ぶりを垣間見せながら笑いを誘う手法に思わずにんまりしてしまいます。

部屋部屋に繋がる排気口?を通して漏れる音の使い方がとても上手い気がしました。


自殺願望の強い女性とかも面白い。
娘の純愛エピソードも可愛い。
地下組織のおとぼけぶりもなかなかです。

とにかくユーモアとシュールな分量が絶妙で思わずクスクス笑ってしまう・・。

そんな映画です。

アメリのジャン・ピエール・ジュネ監督ですね。

ああ・・・そんな感じ。

機会があったら是非お勧め。

それから前トピに拍手コメくださった皆様ありがとうです。
まだFC2がよくわからないので気がつかなかった。
コメ欄今後は開けておきます。
今後ともよろしくお願いします。







スポンサーサイト
20:22 | 映画 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
べーべー泣いた。デトロイトメタルシティを観る | top | もう秋の足音が聞こえる・・

Comments

# 私も、絡みたい・・・
haruさん、あんにょんはせよ!
これも、彼絡みでしたかv-398
クワイエットファミリー、くくく・・・から、ワハハ・・・ギャハハって、笑わせてもらいました。
その節は、送っていただき、ありがとうございましたe-466
10年間の無職生活の後この映画のシナリオが賞をもらって映画監督になることが出来た、その瞬間が人生最高の時だったって・・・ジウン監督が言っていました。
少し前にこのインタを聞き、クワイエットファミリー観直してました。
彼が愛しけりゃ、監督までe-266なっちゃうみたいです。
で、お勧めの本作、アメリちっく?
ちょっと、不思議ちゃん入ってる?
面白そうv-16
メモメモしますね~けちな私はCATV頼みなので、いつになるやらですがねv-410

by: sora | 2008/08/29 00:43 | URL [編集] | page top↑
# いつか(笑)
soraさん、絡んでくれてありがとうです。
へぇ~ジウンマニアにもかかわらず、ご紹介のインタ未見です。
そうなんだ…。
今となっては豪華な配役だけど当時は監督を含め新進気鋭だったのかなぁ。
何だか愛着湧きますね。
シナリオ大賞取っただけにストーリー面白いし。(笑)

で。肝心のこの映画。
私は好きです。
グロいんだけどどこかとぼけていて何だか可愛いの。
是非いつかご覧下さいね。
by: soraさんへ | 2008/08/30 12:38 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/5-3afeb993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。