スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

「ノッティングヒルの恋人」





「ノッティングヒルの恋人」観ました。もちろんイベントの彼に触発されたのはいうまでもありません。
匂い的に私の好きそうな感じはしないので全くのノーマークでしたが、彼が観たとあらばもちろん鑑賞です。
いつものようにあらすじはこちらから

ノッティングヒルの恋人



で感想です。
ジュリアロバーツは彼の何に惚れ込んだんだろう…。
バカ正直なところかな。
不器用なところかな。
バカがつきそうなほどお人好しなところかな。

悪くないけどちょっとインパクトにかける彼に突然キスする彼女は…どんな気持ちなのか。
私にはわからないけど…びょんならわかるのかもしれない。(爆)

運命の出会いというには多少強引な気もしますが…人が恋に落ちるのに理由はなくて。
たぶん彼女が求めてやまなかった何かを彼は持っていた…ということなのかもしれないわねぇ~。
納得出来ないと思いつつ納得しちゃう私なのでした。

この映画、脇役がとても魅力的です。
彼の友人夫婦

そして同居人の変人スパイク
私、彼お気に入りです~。
凄い変だけどどこかピュアで。
チャーミング。
ロンドンっぽいし。
彼を許せる男はきっと器でっかい気がしました。

…というわけで。
面白かった?
と聞かれたら
ボチボチかなぁ~くらいでしょうか。

女の人を彼に脳内変換するのは初めてかなぁ~(笑)
スポンサーサイト
21:39 | 映画 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
楽しか。岸辺散策。「右岸」「左岸」を読む。 | top | 変な目線で『ベンジャミンバトン』を観る

Comments

# やっぱり、スパイク?
haruさん、こんばんわ!
そうそう・・・彼はジュリア・ロバーツですっ!
私、彼女が地位も名声もなげうって、彼に走っていない所が、妙に彼みたい・・・って思いました。
新作の広報なんかをちゃんとやりながら許される範囲で恋に落ちてた。
背負うものの責任をちゃんと果たしてさ・・・エライな~って思いました。
そんな中で掴んだ幸せ・・・彼、憧れるだろうなぁ~
いや、絶対そんな時が来るって夢見てるんだよ。
自分でもふっ!っと笑いながらねぇ~

スパイク・・・彼も彼は気に入ったと思います。

私もこれ、昨日観てたんだよ~同じの何度も観るからHDDがなかなか片付かないです^^;
by: sora | 2009/03/23 22:46 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/03/25 17:30 | URL [編集] | page top↑
#
soraさん、コメありがとうです。
そうなの彼女は何も失わない。
とても上手にバランスよく
やるべきことをやり
欲しいものを手にしていく・・。
「んなできすぎだろ~」と突っ込みたくなりますが
これは一種のシンデレラストーリーなのかなぁ~と思っております。
決して彼が逆玉に乗ったわけじゃなく
彼のシンデレラストーリーではなく。
公園のベンチでくつろいで寝っ転がっている彼女がとても幸せそうなシンデレラに見える・・そんなお話でしたね。
いつか
ジャージ姿のデレデレ王子に会えるのを楽しみに待つことにいたします。
オフィシャルブックが出たら彼のあとを追いかけるのが忙しくなりそうなので現在在庫整理中の我が家。
soraさんも今のうちにHDDお掃除して下さいね~。
by: soraさんへ | 2009/03/29 11:22 | URL [編集] | page top↑
# お返事遅くなりました
pさん、はじめまして。
コメありがとうございます。
お返事遅くなってごめんなさい。
そうでしょ~。
最初ひっかかりますよね~。(笑)
彼女が求めてやまないものが何だったのか・・・
それは定かではないのですが。(^_^;)
人が恋に落ちるのに理由はいらないのかな。
そんなことを思います。

ソニョンが「ジュンホの顔だけに惚れた」・・・なんて告白したらそりゃちょっと困るわけで。(^_^;)
きっと捨てられた子犬の目がよかったとか逞しい腕が良かったとか
別世界の妖しさが魅力的見えたとか・・
ま、ビョンホンだからね。(*^。^*)
惚れて当たり前でしょう。

彼が求めてやまないものって何かな・・・
そんなことを考えるとどんな女性に恋をするのかがとっても楽しみなんですよ~。

またお暇な時に遊んでくださいね~。


by: 非公開Pさんへ | 2009/03/29 11:34 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/57-d5c2da00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。