スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

金持ちの道楽VS狂人のお遊び?「ダークナイト」を観る

相変わらず今頃。
観たい観たいと思いつつ新作は半額にならない…とか全部貸出中だ…なんて貧乏くさいことを言っていたらびょん君に先を越されてしまいました。(^_^;)
…というわけで、鑑賞です。

いやぁ…久しぶりにハリウッド系大作で面白いと思える映画でした。

さすがハリウッド。
スケールが大きい。
ブルースのバットマン活動に対するお金の掛け方が半端じゃない。
湯水のようにお金を使い、
好き勝手なものを好き勝手に作って
好き勝手に使い好き勝手に壊していく。

正義感も道楽もここまで極めると有り得ない…を遥かに通り越して気持ちいい。
そのスケールに笑ってしまいます。

かと思えばとても人間的で精神的葛藤があったり。
友情、信頼、があったり。
スーパーマンやスパイダーマンにもそういうのあるんですが
妙に「あ~生身の人間が戦ってるのね…」
と思います。

でもやはりこの映画特記すべきは「ジョーカー」のヒース・レジャーでしょうか。
狂気そのもの。
もうジョーカーそのものですね。

びょん君確かどこかで「ジョーカー」は単なるヒールではない…と語っていた気がするのですが…。
どうだったかな。
あやふやな記憶で申し訳ありません。

「ジョーカー」単なるヒールじゃないんだろうか?
私には人の心の闇に住み着く悪魔みたいなイメージに思えました。
誰の心の中の隅っこにも小さなジョーカーがいて、
いつもは眠っているんだけど大きなジョーカーの指令を聞くと動き始める…みたいな。

ジョーカーに心を侵略されるかどうかは小さなジョーカーと戦う自分の良心の頑張りにかかっている。
きっと私の中にもジョーカーいるんだ…ってちょっと心配になったり。(笑)
バットマンの心の中にもいるわけで…。

壊れているものの恐ろしさという点ではピカいち。
たぶん・・内面に葛藤はないよね。

私としてはかなりわかりやすい悪役だと思ったのですが…皆さんいかがでしたでしょう。


そしてそして。
私個人としては
マイケル・ケイン大好き。
モーガン・フリーマン大好き。
この2人が救いでした。

主役を影で献身的に支える…って人がただ好きなんだと思います。
しかし…バットマンはバットスーツあるからいいけど。
ジョーカーは生身なのになんで不死身なんですかね。
検事さん顔に包帯くらい巻いてみようか…とか。
いろいろ思うこともあり。
で、このエンディングは続編あり?
マイケルケインとモーガンフリーマンに悪の手が伸びないよう祈るばかりです。
びょん君が演じてくれるなら…やっぱりジョーカーかなぁ~。
スポンサーサイト
15:31 | 映画 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
これ一番好き「ジャケット」を観る | top | カンヌ探訪「4ヶ月3週2日」

Comments

#
haruさん こんばんは

これは、バットマンの中で、スピード感、スケールの大きさ、極悪さ、一番だと思う。
わたし的には、ティム・バートンのバットマンが一番好きなんだけどね。

彼には、ジョーカーは演じてほしくないなぁ。
だって、ジョーカーには悪の美学を感じられないんだもん。
醜悪で卑劣で残酷。
相手の苦しみが快楽な男。

チャンイは、ジョーカーのように単なるヒールじゃないっていってたんじゃなかったっけ?
ちがってたら、ごめんね。

ダークナイトという汚名をきたまま、我らのバットマンは、闇に消えていったけど、続編あるよね?
期待します。

バットマン大好き!
by: pink | 2009/05/08 00:25 | URL [編集] | page top↑
# 結局のところ
pinkさん、コメありがとうです~。
そうそう。pinkさん、バットマンは映画館に足を運びたくなるほどお好きなんでしたね~。
私はたぶん、前作も観ているはずなんですが・・・なぜか記憶がない。(^_^;)
ジャック・ニコルソンだけすっごく覚えていてマンガチックで暗いイメージあります。

で、あれから気になって漁ったんだけど
トロントのインタで似てるっていわれるけどどうよ・・みたいな質問に
「よくわかんないけど過去と痛みを持っている点とか娯楽映画にも関わらずいろいろ盛り込んでいるところや、目の隈が似ているのかな・・」
みたいな返答をしているみたい。
やっぱ過去や痛みがあるのかな・・ジョーカーも。
映画見る限りどれが彼の本当の過去なのか・・本当の過去についてはきっと語ってないだろうな・・とかいろいろ考えます。
でもさ。。ある意味相手の苦しみが快楽っていうのも美学なんじゃない?
彼特有の美学。
当然我々には理解不能ですが。
意外に洋服に凝っていたり。
メイクしていたり(笑)
彼なりのこだわりを感じます。
ジャック・ニコルソンを持って「のめりこむと精神が不安定になる役」
と言わしめるような「悪役」
ちょっとやってみてもいいかな・・って私は思うんだけどね・・。
結構「ブロークバックマウンテン」のヒースの穏やかで優柔不断そうな顔が印象的でジョーカーを見ているとあそこまで
どうのめりこんでいったのか興味深い気がするのですよん。
続編作る気満々じゃない?
バットマンは演者が変わるのでイメージが確定しない。
私、ジョージクルーニーのバットマン見たことない。(笑)
どれも悪くないんだけど印象が薄いのよね・・。
何故だろう。
次回はもうちょっと色気がある俳優さんでもいいんじゃないかな。
彼にあまり苦悩を感じないから金持ちの道楽に見えちゃったんだと思うんだけど・・。
スピード感、スケールの大きさ満足いたしました~。



by: pinkさんへ | 2009/05/10 04:17 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/64-bb13b038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。