スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

カンヌ探訪「4ヶ月3週2日」

2007年カンヌ映画祭パルムドール受賞作品

これも観よう観ようと思っているうちにびょん君に先を越された一本。

詳細はこちら

4か月、3週と2日 goo映画


で感想です。
ビョンホンssi…これみてどう思ったんだろう。
独特な風合いの作品。
ルーマニア、チャウシェスクによる独裁政権下
寮生活をする女子大生が闇医師に依頼して妊娠中絶をする1日を追ったちょっとドキュメンタリー風な作品。
主人公は中絶する本人ではなく、彼女に協力しいろいろ世話を焼くルームメイト。
金の工面から場所の手配、医師とのやりとり…。

かなりいい加減で無神経そうな中絶する本人に呆れながらも面倒を見つつ…。
図らずも自分の恋人との関係を見つめることになり、
恋人の親戚家族と過ごすはめになってブルジョアジーとの格差、彼らの持つ偏見を目の当たりにしたり。彼のお気楽さにいらいらしたり。

彼女の心の中のモヤモヤやぐるぐるやイライラがちょっと暗めの画面からぐっぐっと伝わって来ます。

エンディング…
「お腹がすいた」
タバコをプカプカ吸うたった今、中絶した友人のテーブルには肉とレバーの盛り合わせが運ばれてきます。
「………」
今さっき
タオルにくるんだ胎児を抱きかかえ、必死で夜道をさまよい歩いて罪悪感に苛まれながら「それ」を処分した自分は…何なんだ。

彼女はそうは言わず水を飲み、苛立たしげにタバコを吸うだけなのですが…。

そんな彼女を眺め、エンドロールを眺めながら、
お煎餅バリバリお茶をすする私…。

で…どこが気に入ったの?(笑)
かなりショッキングな赤裸々シーンもあり。
女性を時代を生々しく感じる映画でしょうか。

ルーマニアの当時の現状を知るとなるほどねぇ~と頷けるものありあり。

監督のインタが興味深いのでこちらから

『4ヶ月、3週と2日』 クリスティアン・ムンジウ監督インタビュー
スポンサーサイト
15:30 | 映画 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
金持ちの道楽VS狂人のお遊び?「ダークナイト」を観る | top | 久々これぞ韓国映画『チェイサー』を観る

Comments

# よく降りましたね
予告編を観た時、ねらい目と思っていたのですが見過ごしてしまい先日WOWOWで
観ました。
ビョンホンリストに載っていてびっくり!
男性目線というより撮り方に興味があったのでしょうか?
あの時代でないとわからないと監督さんがおっしゃってましたが良くも悪くも
自由世界に生きてることを感謝です。
なんにもしない自分勝手な友人にそこまで親切にお金の工面から処理までする彼女がフシギです。
体制の違いは感覚の違い?
by: taki | 2009/05/06 20:12 | URL [編集] | page top↑
# ビョン君よりお先でした
イヤーブックで紹介されるより前にwowowでお先でした。
白紙の状態で見たので題名からそういうストーリーだとは思いましたが、中絶する本人にイライラしたりルームメイトがそこまでする必要があるのと怒りながら見た映画です。
大分前にみた闇の中絶をする老女を描いた映画を思い出しました。

古い時代ではないのに女性にとっては
辛い時代だったんですね。

いま録画した「イェシー・ジェイムズの
暗殺」を見ています。
wowowは今日のように雨が激しいと放送が
受信できません。 

by: mirai125 | 2009/05/06 20:23 | URL [編集] | page top↑
# たぶんそこかな
takiさん、コメありがとうです~。
私も興味を持ちつつ見逃していた作品でしたが、想像していたものとはちょっと違くて新鮮な驚きでした。
私は古い邦画を観るのが好きなので印象に残っているのですが、
中絶の扱いは優生保護法が施行された直後の日活映画みたいな雰囲気で、この一見無責任なんだか考えが浅はかなんだか人がいいんだかわからない友人も昔の映画の設定としてありがちで違和感はなかったのですが。
この巻き込まれる主人公が現代的というか現実的というか葛藤している姿がとても興味深く。
いざとなったらボンボンの彼よりもあの頼りなさげな女友達に頼ると言い切った彼女の社会観は当時の時代を映しているんだろうなぁ~と思いました。
体制の違いは感覚の違い?
たぶんそのあたりかと。
彼はやっぱカンヌが好きなんでしょうね・・。(*^。^*)
by: takiさんへ | 2009/05/09 05:49 | URL [編集] | page top↑
#
mirai125さん、コメありがとうです~。
基本、中絶は許されるべきことではない・・という倫理観を持っているとはいえ
それが母体の安全と子供の生命の尊重によるものなのか
社会の体制の勝手な考えによるものなのか・・それは大きな違いなのだろうと
思います。
妊娠していた本人はそういう点についてあまり考えているようには思えないのですが、主人公は単に友達を思いやるというだけではなく、そういう社会に対する不満というか・・女性を道具として扱う社会への憤り・・そんなものが彼女を駆り立てているように感じました。
ブラッドピットは面白いですね・・。
ジェシージェームズは観たいと思いつつ未見です。(^_^;)
WOWOWはラインナップいいですよね。
憧れるなぁ~。
by: mirai125さんへ | 2009/05/09 06:11 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/65-4a34b8be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。