スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

チャンイの趣味?(笑)『或る夜の出来事』を観る。

It Happened One  Night

新しい映画も観てるんですけど、ディスカスDVDが面白くて。
温故知新はまだまだ続きます。

ノム×3の中でチャンイが映画館で映画鑑賞しているシーンがあるの…覚えていらっしゃいますか?
ネタバレでジウン監督語ってるから、未見な方もご存知かと思います。
このシーン、ジウン監督のお笑い小ネタのために用意されたようですが(笑)
カットされず残っているってことは監督ご満足のご様子ですね。
このとき、チャンイが見ていた映画が、

『或る夜の出来事』クラークゲーブル主演…です。

はい、こちら『或る夜の出来事』



最近本屋の店先で売っていそうなほど古い作品。
昔見た気もするけど…筋聞いても全然覚えてない。
…というわけでチャンイと楽しく映画鑑賞です。

いやぁ…もう単純明解。
何不自由なく育った富豪の娘。
買い物で自由を満喫途中、初めて父の息のかからない男、パイロットに出会って恋をする。
とにかく初めてですから、恋なんだか愛なんだかわからない。
とにかく彼は自分を自由の国に連れて行ってくれる王子様。
結婚するすると我が儘をいう。
彼を気に入らない父親は娘を船上に監禁。
娘は着の身着のまま海に飛び込んで、彼の待つNYへ愛の逃避行が始まります。

世間知らずのお嬢さんは
置き引きにあったり
乗合バスに捨てられたり…
様々なハプニングに遭遇する…

それを助けるのがたまたまバスに乗り合わせたうだつの上がらない新聞記者クラークゲーブル。

・・・という筋書き。

最初はお互い煙たがっているんですが、いろんな出来事をきっかけにだんだん惹かれていくわけ。
そしていつの間にか二人の間には恋が芽生える…。
そしてハプニング…。
行き違い。
絶望感…。
周りの人々の友情親子愛…。
そしてhappyend。

もう古典的というかお約束というか。
ウブ極まりなく。
クラークゲーブルがすっごい紳士でとても可愛い。
ぶっきらぼうなくせに異様に優しいところがツボです。

規則性のあるひねり、ラブコメの王道。

これを見ていたの?
チャンイ…。
私が恥ずかしいよ。(笑)

でも疲れた脳にはとってもsweetでよく効く感じ。
殺伐とした世間に嫌気が差したときは是非。

チャンイ実はいいやつなんじゃない?
非情なやつはこの映画は見ないだろ、普通。(笑)

あ~。
恋しちゃったんだもん。
ルンルンって感じでしょうか。

乙女好みの映画ですよん。
スポンサーサイト
20:20 | 映画 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
『エターナルサンシャイン』を観る | top | -Un homme et Une Femme -

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/8-cbe42ec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。