スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

呼ばれたので『クロコダイルの涙』を観る





リフレッシュ休暇中そりゃ映画も見たいなぁ~というわけで。
突然TSUTAYAに行きました。
何か見たいものがあったはずなのにTSUTAYAに行くと忘れるのは何故?(笑)

とりあえず目について兼ねてから観たいと思っていた旧作に手を伸ばす。

『クロコダイルの涙』
ジュードロウ主演。10年くらい前の映画かな。
観よう観ようと思いながら何故か縁がなくて見損なっていました。棚で私を呼んでいたので。
感想です。

ジュードロウが若くて美しくて。
切なくて、妖しい。
ストーリー詳細はこちら

クロコダイルの涙


これを観ながら大好きな「ひまわりテソン君」を思い出していました。

心に闇を抱えた美しい青年が真実の愛を追い求め…それを見つけた途端、愛に苦悩し。
結局
愛する人を守り自らは破滅する道を選ぶ…。

設定などはもちろん全く違いますが、このように書くと何かとても共通する気がします。

彼がアンに惹かれてゆく様子がとても痛々しく。
体の中の爬虫類の血に逆らえない苦悩が表情に浮かぶ。

刑事に嫌疑をかけられ追求される中、平静を崩さぬ様子はそれと対比するように美しく。

適度な色香を放ちながらクールビューティーな感じがとても素敵でした。

で。
本当に心から愛した人が自分の血を欲っしたら…あげられるかな。

私は真剣に彼の血となり肉となるなら、食物として餌として彼にこの身をあげても惜しくない…と思っていたので。
そう思える感情がある・・ということは私にとっては理解に容易いことです。

こういう役・・・すっごい巧いだろうなぁ~~~~~想像するだけで鼻血が出そうです。
本当は40代を設定して書かれた脚本とのこと。
彼だったらどんなスティーブンになるのだろうか・・・。

でも、このジュードロウは若さを逆に生かして十二分にスティーヴンの痛さを表現しているように
思いました。
彼女も可愛いし。

あ~こういう映画いいなぁ~。
スポンサーサイト
08:42 | 読書 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
掃除をしよう『サンシャインクリーニング』を観る | top | 面白かったから書いておこう。村上春樹『東京奇譚集』を読む

Comments

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/07/17 00:29 | URL [編集] | page top↑
# 観ましたよ~
非公開さん、コメありがとうです。
何気にびょんファン中 ジュード・ロー好き度高いですね~。
私も好きです。
これ良かったです。今まで「ガタカ」という彼が主役じゃない映画の彼が一番いいかなぁ~と
思っていたのですが。
これもそれぐらいいいです。
「アルフィー」は「スルース」のマイケルケイン繋がりで(「スルース」の彼も好きです)
「アルフィー」のマイケルケイン版とともに見比べました。
感想何で書いてないんだろう。(笑)
面白かったです~。色気ありますよね~。
はいはい。びょんに脳内転換ばっちりな役柄でした~。
by: 非公開さんへ | 2009/07/18 22:54 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/80-685189eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。