スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

やっぱりマギーチャンは押さえておきたい。『クリーン』を観る

クリーン
無知な私に「マギーチャン」の存在を教えてくれたのは彼でした。
それ以来、マギーチャンは私にとって特別な女優さんです。
欲望の翼…
花様年華…
ラブソング…

甘すぎず、崩れすぎない…彼女の凛とした美しさは私の憧れ。
ビョンホンssiに「ファンです」と言わせる女。
カッコ良いなぁ~。
…と言うわけで
2009年カンヌ映画祭主演女優賞受賞作品「クリーン」
観てまいりました。かなり日にち経ってしまいましたが、感想を書き留めておきたいと思います。

詳細はこちらから

『クリーン』


かなり仕事がヘビーで確かに寝不足だったのですが、
冒頭から彼女の夫が死んでしまうまでの間、恐ろしく眠くて。
何度も気を失うという失態を私、おかしてしまいました。

でも言い訳ではありませんが序盤かなりたるい進行。
マギーチャンはとってもカッコ良かったんだけど…。

何かストーリーに乗れなくて。

とても気持ちが悪い感じに話が進みます。

息子が登場するあたりから、感情の抑揚も出てきて面白くなり始めます。

が。
この息子との関係の描き方が何とも簡単過ぎて、拍子抜けした感じは否めませんでした。

『クリーン』という題名からして、主題はそこではないから仕方ないのかなぁ…。

でも、息子と暮らしたい一心で必死にもがく女を演じる彼女はやっぱりやさくれてても綺麗。

エンディング サンフランシスコのテラスで泣くシーンは実に「クリーン」でした。

そして、亡夫の父との交流…というか、亡夫の父がとてもカッコ良い。
やることなすこと、言うこと全てがイケてます。
お爺ちゃん万歳!!

そして今、いろいろ読んでいて
この映画彼女が女優という等身大に近い役を演じていたところが見どころだったようです。
そうだったんだ・・(寝てたのか自分・苦笑)

期待が大きかったせいか、正直若干物足りなさを感じました。


彼は観るのだろうか・・・カンヌ好きだし。
あると思います。(笑)
スポンサーサイト
00:40 | 映画 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
予想外『レッドクリフⅡ』を観る | top | 堺 雅人

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://harunoshin1227.blog94.fc2.com/tb.php/97-bfc252c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。