スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『悪魔を見た』を見た。

338461_007.jpg




この日のために。
レビューも読まず。
インタビューも読まず。
ぐっどだうんろーだーに徹し。
直輸入せず。
ひたすら耐えておりました。

『悪魔を見た』

先入観なく
まっさらな心で
字幕付きの完成した作品を
大スクリーンの中の彼を
真っ暗な中で誰にも邪魔されず
眺めてみたかった。

酷評がチラチラ飛び交う中
自分の目で彼を見極めたい。
ずっとそう思っていました。

何でですかねぇ。
ここ数年、彼の新作映画が上映される時にはすっかり耳年増で。(笑)
ちょっと新鮮な気持ちで接してみたかったのかもしれません。

そして一昨晩。
鑑賞してまいりました。

以下ネタバレ含みます。
各自のご判断で。






『悪魔を見た』感想

とにかく大変面白かったです。
ジウン監督が脚本を書かずとも、明らかにジウン色の映画。
正直なところ、毎度のようにストーリーはちょっと置いておいて。(笑)
ギョンチョル役のミンシクおじとスヒョン役のビョンホンしかほとんど印象に残らず。
ある意味それが全ての映画?

熱演してくれた女性の皆さん、
相変わらずデクノボウの刑事の皆さん、
変質者の皆さん
・・・には大変申し訳ないのですが、ある意味彼らが小道具と思えるほど2人の存在感が圧巻です。
2人を目の前に頭を押さえつけられている感じ。
惹き付けられて目が離せない。


本国での上映許可に手間取るほどの
過激な描写が話題となっていた本作品。

どんだけ凄いのだろうと警戒していたせいか、
その点では想定の範囲内でした。

かなり削っているのでしょうか。
猟奇友達が何を食べていたのかは
想像にお任せでしょうか。

毎度ギョンチョルが振り上げバンッと音がすると同時に目をつぶってしまったんですが。
でもスヒョンが攻撃するときは目を逸らさず、
彼の一挙手一投足をじっくり。
何とも切ない。
何ともやり切れない。
そんな表情の彼が無茶苦茶美しく。
青い炎がメラメラと燃える様を穴があくほどじっと見つめておりました。

ギョンチョルの畜生ぶりには脱帽。
どこかロバートデニーロを彷彿とさせる存在感。
こんな役をやろうとも彼は韓国のトップ映画俳優なんだ。
いや、こんな彼だからトップなんだと
どうにもしようがないほど最悪な悪魔の彼を呆然と眺めておりました。

そんなロバートデニーロがイイところになると現れる正義の味方。(笑)

途中あまりに可笑しくて不謹慎にもゲラゲラ笑ってしまい、
あージウン監督らしいなぁと嬉しく思ったり、
本当はコメディなんじゃないかと疑ってみたり。

でもスヒョンの表情を見ているとどうにもしようがないほど我事のように痛みを感じてくる。

もし、自分の大切な人があんな風に殺されたら。
自分に戦う力があったら。
こんな復讐もあるのではないか。

殺さないのではなく
殺せないのではないか。

何度も何度も繰り返す苦痛を与える作業。
金を与え、治療を施し、命を繋ぎ続ける。
そのスヒョンの行為に
悪魔になりたくない、人としての信念というか、殺人鬼と自分の違いを見い出したい願望のようなものを感じました。

殺してやりたいほど憎いけれど、殺せないジレンマ。

殺せるのに殺せない。

それは人としての本質を問われているのかもしれない。

悪態をつき続けるギョンチョルを悲しげに見つめる瞳から流れ出す彼の涙は、
人の良心へのささやかな希望のようにも思え胸がぎゅーと締めつけられました。



ラストシーン。

自ら手を下さなかったにもかかわらず、壊れてしまった彼。

ギョンチョルを自らの手で死に至らしめる以上にある意味残酷な終末。

ここはやっぱり脚本が他の人だから?
ありがちながら、なかなか味がある展開がよかった。(ストーリーあり・笑)

自分が悪魔に魂を渡してしまったことに絶望し、狂ってしまったのか。
自分の中に悪魔を見たという表現のほうがしっくり来るかな。

まるで笑っているかのようなスヒョンの表情をみたときは、
「そう来るか…」と
ジウン監督のディレクションなのか、
ビョンホンssiの演技力なのか、
とにかく驚いたというか、感心したというか、呆気にとられたというか。

久々に魂持って行かれる思いでした。

復讐という行為は人間性を放棄しなければ成立しないのでしょうか…。
いや、人間だからこそ復讐したいと思う感情が沸き起こるんだろうなぁ。
悶々。

私には彼が復讐を楽しんでいるようには全く見えなかったです。
復讐とは目的を達成したとしても報われない行為なのかもしれないなぁ。
などといろいろ考えておりました。

残虐シーンや強姦シーンに焦点が当たりがちですが、私は本質はそこになく舞台設定の一部と理解しました。

とても心に残り、胸がえぐられるような映画。

ひとつ。
オ課長は殴ってやりたい。(笑)
あなたが無能だから、スヒョンが大変なんじゃない!!
本当に韓国警察はどれだけ無能なのか。(呆)
刑事ドラマばっかり放送してる日本からは考えられないわー。

とにかく。

かなり歪な映画ですが、
歪さが大好き。
ジウン監督が撮る艶っぽくて美しい不幸な彼が大好き。
ジウン監督の音楽センスが大好き。
ジウン監督の色彩感覚が大好き。

生彼にはサービスしてもらっておいて
申し訳ないんですが。
スクリーンの彼が良すぎて影薄し。
でも板前さんみたいにスッキリしてていつも通り綺麗でした。
ジウンちゃんはちゃんとウケを狙って良くできましたー。

今度はエンドロールまでゆっくり堪能したいと思います。
あーワクワクしちゃう。



16:17 | 映画 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

IRIS THE LAST




満を持して鑑賞。

よく新番組の連ドラが始まる前に「ドラマの見どころ」みたいな一時間程度のスペシャル番組を放送するじゃないですか。
この映画を観ながら、きっとこれは
「超ウルトラスーパー長いドラマの予告番組なんだ、きっと」
と思いました。
ストーリーがわかるようなわからないような編集。
売り物の
アクションシーン。
海外ロケシーン。
ラブシーン。
泣きシーン。
ちゃちゃっと盛って編集。
ドラマを観たことない人が観たら細部が気になってちょっとドラマ観てみようかなぁと思ったり、
ドラマ観た人が観るともう一度見直してみようかと思ったり。
観ながら、この映画は映画だけでは作品としては成り立たないもののような印象を受けました。

きっとそういうものなのよね。
ドラマとして撮影したものを使いまわしているんだから、当然といえば当然。

しかし、これを映画として作って公開してしまう力技が凄いなぁと感心。
南大門市場の勢い的なノリというか。
足して足して値切って値切ってはい、買ったぁーみたいな。(笑)
いい買い物だったかどうかはそれぞれの判断でしょうか。

住宅地平日の昼下がりにもかかわらず、
結構男性客多し。
それなりに入っていることに驚き。
改めて
視聴率はともかく
男性に人気があったドラマの底力と相変わらずのイビョンホンの魔力に感心ひとしきりです。
これで皆さん満足してくれましたかねぇー。(;_;)

そしてそして。
肝心のTHE LASTですが。

たった2カット挿入ですよねー。
犯人の目つきですよねー。
それだけでこうも話しが変わるとは。
私は単純なので素直にびっくりしましたー。(笑)
脚本って凄いのね。
だからこそちゃんと書き終わってから撮ってほしいもんです。

でもこれ。
ドラマが台無しというか。
私がお気に入りの様々な感動の意味がなくなっているような…。

でもこっちの方がストーリーとしては面白いような。(^_^;)
実に微妙。
しかし、犯人役はこっちの方が美味しいなぁー。
あまりのことにエンドロールで不謹慎にもわらってしまいました。
前半手振れが酷くて酔うし。(^_^;)

とりあえず一回観られて良かった。

★?
映画として判定外。
判定しないのが私としては愛情表現ということで。

また勝手なフィルモグラフィーが増えた…。
正直。
映画作りを舐めとんのかっ?
…と製作者に問いたい気持ちあり。

本当にたくさんの人の人生背負って責任を持つのは大変なんだなぁと最近の彼を眺めながらつくづく思うのでした。

家族背負ってるサラリーマンのお父さんにも似た悲哀漂ってる気さえ。

好きなことだけやっていいよ。
君は私の夢だから。
相変わらず意味不明。(^_^;)
18:17 | 映画 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

時の洗礼を受けているものといないものについて

1863271.jpg

先日観た映画『ノルウェイの森』にも小説と共通するいくつかの印象的な言葉が出てきました。

大好きな永沢さんが
「時の洗礼を受けていないものは読むな」みたいなことを言うんですよねー。
実に胸を打ちます。
私は元々
映画も本も最新のものを追いかける習慣がないんですよね。
長く多くの人に観続けられ、読み続けられ、大切にされ、生き残ったものに妙に信頼感を抱くようなところがあります。
時の洗礼とはそういうことかなぁと何だか嬉しくなったりして。
まあ、人の評判に右往左往するのと紙一重…ではありますが。

そんなわけで相変わらず過去ものばかりコツコツ追いかけております。(^^;;
なかなか映画館に行けないのでCS視聴が多いですねー。

この1.2ヶ月のラインナップはこんな感じ。

『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』
おかあさん
炎上
アダプテーション
おっぱいバレー
シシリアン
レジェンドオブフォール
南極料理人
インフルエンス
ライアーゲームザファイナル
天国と地獄
アマルフィ
若者のすべて

時の洗礼というにはまだまだのものもかなりありますね。
相変わらずめちゃくちゃ(笑)

そんなもこんなもとりまとめてざっと
感想を書き留めました。

お暇でしたらお付き合い下さい。

シシリアンと若者のすべては
アランドロンについて熱く語りたいのでまた別途。




●『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』

詳細はこちら

アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生 woman excite


とにかく彼女の作品に圧倒されました。
魂というのでしょうか。
被写体の内面が伝わってくるような写真。
彼らのドラッグ中毒が問題視される中、ローリングストーンズ密着撮影をした彼女。
ジョンレノンとオノヨーコのプライベート写真を撮った彼女。
誰もが彼女の存在が空気のように自然になっていくと語っていたのが印象的。
その場の匂いに空気のように溶け込み
あるがままの自然な表情を捉えた彼女の写真には妙に引き込まれる魅力があるように感じました。

数々の有名人を収めた雑誌のグラビア撮影でも評価が高い彼女。
セットの金額に糸目をつけない…なんて噂もよく聞きますが、いくつかの作品を見るだけでも被写体の表情に息を呑みます。
うぉーやっぱり写真って凄いなぁーと惚れ惚れ。
彼女の何が被写体からそんな素晴らしい表情を引き出すんでしょうか。
とても興味深いです。

是非一回
イ・ビョンホン…撮影してくれません?アニーさん。
★★★★

TOPはアニーさんの作品です。
表情だけでドラマが生まれている感じがいいなぁ~。




●おかあさん
成瀬巳喜男作品
蓮見重彦先生オススメ映画。


詳細はこちら

おかあさん goo映画


この映画の素晴らしさがイマイチわからない私はまだ修行が足りないのかなぁー。
普通のホームドラマというか。
息子が亡くなったり
旦那に先立たれたり
娘を養女に出さないといけなかったり。
普通のホームドラマよりよっぽど悲劇的な気もするんですが、おかあさん、泣くわけでも落胆するわけでもなく、
愚痴さえこぼさず、毎日食事を作り、家業にはげみ、子供を叱り、子供を見守り、日々を暮らします。
ああ、おかあさん、おかあさんは幸せですか?
娘でなくとも尋ねたくなりますが。
多分幸せなんだろうなぁと。
自信を持って答えられる何かがある。
たぶん、私もおかあさんの端くれだからでしょうか。
★★★甘め。



●炎上

市川雷蔵ものは現代劇に限るっ!と言い切る私。
これ何回観たかなぁ。
大好きです。

詳細はこちら

雷蔵ファン 『炎上』


とにかく、雷蔵の演技がとても巧い。
意外に雷蔵は演技賞のようなものはあまり受賞しておりませんが、唯一この作品はブルーリボンを始めいくつかの賞を受賞しています。

かっこいい役でも可愛い役でもありません。
悲しい貧しいある意味歪な役。

これをしっかり演じ切っている。
たぶん商業映画よりこういう映画の方が大好きだったんだろうなぁー雷蔵さん。
そんな気がする。
ファンとしてとても嬉しい。
恐ろしく暗い映画ですが
★★★★★


●アダプテーション

だいぶ前から観たい観たいと思っていた作品。

詳細はこちら

cinema topics online『アダプテーション』


脚本家チャーリーカウフマンの頭の中は一体どうなっているんだか…。
「マルコビッチの穴」然り
「エターナルサンシャイン」然り。

時間軸も位置関係も彼には全く意味を持たず、縦横無尽にスクリーンの中をいや、そこいら中、私の頭の中までも歩き回る登場人物たちに唖然。

この人、何でこんなに自由なんだ…。

実際のチャーリーカウフマンは恐らく主人公のチャーリーカウフマンと双子のドナルドカウフマンを融合したエンディングで出てくる人物に近いのかなぁ。

彼のコンプレックスの塊ぶりは凄まじく。
弟の楽天家ぶりも素晴らしく。
たぶん人間は誰しもその両面を持っているんだろうなぁ。
登場人物の誰もがわかりやすく人間的。
最近とんと書くことをしなくなりましたが、頭の中で思考を立体的に組み立ててみたくなる衝動にかられました。
★★★3/4
脚本家への憧れから甘め。
脳内ニューヨークを観ねば。




●おっぱいバレー

詳細はこちら

ぴあ映画生活『おっぱいバレー』


昭和のノスタルジーと
いつになってもきっと本質は変わらない青少年のエッチへの憧れと。
爽やかスポ魂と。
ちょっと未熟な教師の感動の成長記録。
とてもバランスよく盛ってあります。
エロ中学生の純粋さがなかなか良かったです。
個人的には仲村トオルの
「ナイスおっぱい」というセリフに妙な感動を覚えました。
とても面白く観たあとすっきり。
気持ちいい映画
★★★★

●レジェンドオブフォール

詳細はこちら

ぴあ映画生活『レジェンド・オブ・フォール』


たまたまWOWOWでやっていて何となく観たんですがなかなか面白かったです。
ブラピの作品選びは面白いですねー。
自分の魅力をよくわかってるんでしょうね。
すっごいかっこよかったです。
あーこんな役いいなぁーと。
自然を捉えた映像は綺麗だし。
あんまりストーリーはあるようなないような…。(^_^;)
アンソニーホプキンスが巧いから許せますが。
あんなにいろいろあったのに
長生きした上に最後は熊と戦って死ぬというのがストーリー的に凄いなぁー。
★★★ブラピとアンソニーホプキンスに。



●南極料理人

今更ながらどうしてもどうしても観たくなり、レンタルしてしまった。(笑)

詳細はこちら

ぴあ映画生活『南極料理人』

この映画、みんなが主役っぽくていいですねー。もちろん、堺雅人目当てだったのですが、彼の存在感が薄くなるほど、周りが面白いです。
特にきたろうさんと十文字(笑)
ノルウェイのキヅキ君役高良君も出てます。南極生活満喫いたしました。
何でもないところに笑いが隠されていてクスクス笑ってしまう楽しさ。
癒されます。
★★★★




●インフルエンス

これを映画と称して公開する制作会社の良識を疑いますね。
これは宣伝を目的とした最高にクオリティーの高いwebCMであり、ミニストーリーとしてはとてもよくできている…そう思います。
私はこの作品の彼大好きです。
しっかりと字幕がついたものをみれば
ソルの度を越したおちゃらけぶりもまあ、理解出来ないこともなく。(^_^;)
Wの彼は美しい美しい。
ちょっと悲しげで物憂げな表情は本当に惚れ惚れします。
ただ、映画として彼のフィルモグラフィーに加えるという点では納得が行かず。
制作上の都合で本編は途中途中アニメになっていて。
その部分を削ったら不自然になるのは当たり前。
それでも強引に繋ぎ、エンディングがあれとは。
まだ情報が入るファンは我慢も出来ようが、何らかのきっかけで彼に注目してくれていた良識ある映画鑑賞者は一体どう思うのだろう。
金返せと言われても仕方ないかなと。
彼を大きいスクリーンで見られればある程度満足…というファンだけが見にくるわけではない。
私はそう思います。
せっかくのいい作品なのに。
web短編ドラマとしては★★★★
映画としては★
勝手にフィルモグラフィーを作られてしまった彼に。
せめて短編集として良識を持って編集してDVDとして出してくれていたらなぁ。

●ライアーゲームザファイナル

詳細はこちら

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ


子供たちのお付き合いでWOWOWで鑑賞。
松田君演じる秋山もすっかり丸くなって。(笑)
ちょっとつまらないなぁ。
相変わらずゲームの駆け引きの部分はよく考えられています。
騙し、騙され。
あーそういうことー。
なんて呑気に感心しながらみかん食べるにはちょうどいいです。
ナオちゃんの真っ直ぐさにちょっと苛立つ私は人間腐り始めているかしら。
★★★
あっけない結末にちょっと唖然。


●天国と地獄

とても緻密なご紹介ですので こちらにお邪魔
詳細はこちら

天国と地獄 映画館

これも一体何回観てるんだろ。
黒澤映画の中でも特に大好きな一本。
とにかくストーリーが面白い。
展開もスピーディー。
キャラクターの存在感も行きています。
見ていると当時の青線の様子や医療廃棄物のいい加減な処理など
戦後10年そこそこ、あちこちに歪がある張りぼて新しい日本の中身が垣間見えるようで社会史的にも面白いです。
文句なし★★★★★


●アマルフィ

詳細はこちら

アマルフィー yahoo映画


あーアマルフィに行ってみたい。
イタリア行きてぇー。(笑)
美しい景色を眺めつつそう思う映画。
最初から佐藤浩市が怪しすぎて
謎解きとしては物足りなかった気もします。
黒田康作はかっこよすぎ。
渋すぎ。
隙なさすぎ。
福山君との絡みは唯一いい感じでした。
もうちょっと人間ぽくってもいいかな。
★★★
ジョンに期待。(笑)

よかったよ、ジョン。(泣笑)

以上。
18:35 | 映画 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

会社サボって「ノルウェイの森」




年明けお仕事かなり暇だし。
受験生の息子が風邪をひき
もう病院には一緒に行かないけどとりあえずちょっとと心配だし。
なーんて理由で仕事半休頂いちゃいましたー。

会社にいて「私の人生これじゃいかん!」と
急に時間がもったいなく思えたんですよね。
実に贅沢、実に我儘。
今年度の有給はまだ18日も残っているし、仕事上休める日は限られているのでこんな日もありだ。

さて、そんな私。
気付けば水曜日。
気付けば有楽町に間に合う。

…というわけで映画館に駆け込み
やっと念願の
「ノルウェイの森」鑑賞です。

特別この小説に思い入れがあるわけではありません。

トランアンユン監督が惚れて惚れて惚れ抜いてやっと映画になったこの作品がどうかたちになったのか…指差し確認したかった。

思い入れはありませんが抱いていたイメージはそれなりにあります。
松ケンはどうだろう。。
ただ原作と映画は別物。
充分承知の上。

で感想。


よくも悪くも
トラン・アン・ユンワールド。

ただ。
いつも湿度を感じる監督の映画ですが
今回は妙に乾いている感じ。
日本という土地柄?
「何故だがわからないけど濡れないの」by直子

たぶん。
そういうイメージで作られた映画なんだろうなぁ。

低体温で孤独で整然と淡々としていてひんやりした空気感。
私が村上作品から感じる感覚が映画の中にも漂っている気がしてある意味感動しました。

トランアンユン監督作品のパパイヤはどこか人物が植物的だった印象があるんですが、この映画の人物もどこか植物的な印象。

植物的な淡々とした人物が突然揺さぶられ震え、また静寂に戻る様子はわかりやすかった気がします。

儀式のように繰り返されるSEXシーンはとても村上春樹ワールド的だなぁと思って眺めていました。
愛があるからSEXをする。
愛がないからSEXが出来ない。
愛の指標として性を捉えようとする登場人物たちの思考と愛と性とは無関係だという生理的事実の中で
来るものを淡々と受け入れ生き続けるワタナベは地球創成期から生き続けるシダのようだと植物の強さを妙に実感。(笑)

ワタナベは恐ろしいほど優しい。
でも温かくないというか。
でも冷たいわけではないんだけど。
直子と緑と抱き合っていても
どこか寒そうで。
汗をかいているのに
寒そうで。
水につかっているのに乾いている。

映画全体が美しい風景美しい四季を描いているのにずっと温度が低い感じ。
それがとても面白いなぁーと。

そんな中、女性が数名出てまいります。
監督の映画、毎度彼の奥さんが出演、これでもかぁーと美しげなシーンが続くのは有名ですが。
今回は出てないとホッとしていたら何と全部の女性がどこか監督の奥さんチックで驚く驚く。
特に緑は奥さんかと思うほどで唖然としました。
何でしょう…監督の理想の女性像がああいう感じなの?
とても不思議でした。
作品の雰囲気には合っていたので私としてはありかな。

ただ。
直子のナレーションの声が妙に甘すぎること、儚さは感じるが儚さと対比するべき無意味な若さが感じられないこと。
巧いだけに残念に思いました。

「人は18と19の間を行ったり来たりするべきなのよ」
生きることを半ば持て余しているようにも見えるこの言葉を語る20歳の直子としてはハリが足りなかった…そんな気がします。

しかしながら村上春樹の世界とトランアンユンワールドの融合という点ではなかなかよろしいんじゃないでしょうか。
トランアンユン監督がどれだけこの小説が好きなのかよくわかった気がしました。

小説全部は描き切れなくて当たり前。
ワタナベくんを丹念に描きだすと
永沢さんハツミさんレイコさんのくだりが薄くなるのは仕方ないかなぁ。残念だけど。

リーピンビンの映像とレディオヘッドの音楽は文句なしgood!
もちろん
ワタナベくんも文句なし。
私としては「もちろん」100点です。(笑)

それから糸井さんとか細野さんとか高橋さん。
嫌いではありませんが…またなんで?

エンドロールをながめながら
「あー亀山千広~石原隆~」と妙に納得。
一見作品の顔をしてるけど立派な商品なんだなぁと思うとちょっと寂しかったりして。

私はやっぱ「トニー滝谷」でいっかな。

あまり期待していなかったからか
若干甘め★★★と3/4
ってところでしょうか。
21:14 | 映画 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

こちらもJOYEUX NOEL!

動画は下げました。

観て下さった皆様
おつきあいありがとうございました。
00:29 | 未分類 | comments (16) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。